ナメ滝つづく・笛吹川東沢・釜ノ沢西俣右沢  

奥秩父の沢
西沢渓谷不動小屋〜笛吹川東沢・釜ノ沢遡行〜西俣遡行〜戸渡尾根〜徳ちゃん新道〜西沢渓谷不動小屋

登山日 2002年7月13日〜14日
参加者 芦澤(CL)、山野
コース・タイム
○7月13日(曇後雨)
西沢渓谷不動小屋10:10-11:15清兵衛沢出合-11:38法螺ノ貝-12:00山の神12:35-13:38東のナメ出 合-15:20千畳のナメ-16:10両門ノ滝(キャンプ)
○7月14日(曇)
5:32-6:26広河原-8:00二俣8:15-9:25倒木帯-11:00ミズシ11:42-12:20甲武信岳-12:40甲武信小屋 13:15-14:55徳ちゃん新道分岐-17:00西沢渓谷不動小屋

 私にとってモンテローザ山の会での初山行である。3年連続の釜ノ沢の入渓である。釜ノ沢には過去に5回(その内1回は冬)入っているが、すべて東俣であり、西俣に入るのは初めてである。梅雨と10日から11日にかけての台風通過のため、水量が多い。したがって渡渉もいつもよりは少し大変だ。釜ノ沢出合の少し手前の大きな釜も、いつもは左岸から楽に通過できるのに、今回は少し勝手が違った。落口は激しい水流となっている。流されると深い釜の中。泳げない私が躊躇していると、芦澤さんはサッと通過していく。お見事!私は水流に押されてなかなか通過できない。ロープを投げてもらい、一度は足を掬われながら無事通過する。釜ノ沢に踏み入り、千畳のナメに出逢う。いつ来ても心なごむ情景だ。いつもは岩床をさらさらと流れる水も、今日は激しい流れとなっている。両門ノ滝の良く見える高台にツエルトを設営する。左右の滝は激しく薙ぎ落ち、ザーザーと音を立ている。こんなに水流の激しい両門ノ滝を見たのははじめてだ。薪も少なく、湿っていたため、燃えつきが悪かったが、いつまでも焚き火はつづいた。雨で濡れた衣服もすっかりと乾いてしまう。良かったね!夜は小雨が降り続いたが、明け方にはやむ。夜の7時には寝て、朝の4時には起きた。まるで山の模範生だね。

 ミソサザイの爽やかな囀りで今日の一日が始まる。最初の30m滝は左から捲いていくが少々悪い。大滝を越えると、長いナメ滝が連なる。途中、淵をもつ3mの滝のヘツリが悪く、ロープを使う。やがて広河原となり、長いゴーロが続く。平らなテン場がいくつもあった。緑に包まれた森の中、オオルリ、ミソサザイ、ウソなどの囀りがすがすがしい。多段7m滝を右壁から越え、8時に二俣につく。左沢の大滝30mが出合から良く見える。われわれは右沢に入る。美しいナメとナメ滝が連なり、快適な遡行が続く。遡行の楽しさは東俣よりも優るように思われた。源流近くの岩肌は苔で被われており、水は冷たい。栂の森中をルリビタキの重奏が響き渡る。多段10m曲がり滝を登ると、滝はなくなる。沢のツメでは倒木が行く手を塞いでいた。ここからはミズシへの枝尾根へと向かっていく。かすかな道がついてはいるが、急峻なため心臓がパクパクする。枝尾根に逢着した所で、直角に折れ北のミズシへと向かう。傾斜は弱まり、心臓の弱い私には助かる。11時にミズシにつき、甲武信岳へと向かう。ルリビタキ、メボソムシクイ、コルリ、コマドリ、クロツグミなど多彩なメンバーが歌う。眼の前のコメツガの小枝でルリビタキが自慢の喉を響かせている。すぐ後から来た登山者が「鳥がいる。鳥がいる」と大声をあげたため、飛び去ってしまう。もうしばらく聴いていたかったのに。樹林帯を抜け、最後の岩場をひと登りすると、2475m甲武信岳の高みにつく。甲武信小屋で昼食をとった後、戸渡尾根から下山した。

                                 トップページ