大洞川・荒沢谷桂谷から雲取山

奥秩父の沢
登山日 1977年10月8日〜9日
参加者 大内、梅香、山野
コース・タイム
 ○10月8日 
池袋17:00-19:24三峰口20:30-21:00鷹ノ巣沢・大聖沢中間点-21:35荒沢橋
 ○10月9日 
荒沢谷出合5:50-6:30桂谷出合6:40-左より伏流の支流7:00-7:35第一の悪場下8:10-8:30悪場の上-8:45二俣-9:00右俣10mの滝上-9:50源頭10:25-10:45雲取山北巻道-11:20雲取山12:10-12:25雲取小屋-12:35大ダワ-13:10白岩山13:15-14:05太陽寺への分岐点14:20-15:10太陽寺15:15-17:06太陽寺入口バス停-17:25三峰口駅

 大洞川は奥秩父の名峰雲取山と和名倉山の間を飛竜山から将監峠へとうねる渓谷だ。"キンチヂミの通らず"を有するこの谷も伐採が谷の奥まで進み、かつての秘渓井戸沢は伐採の倒木の中に無惨な姿をさらすようになってしまった。しかしながら大洞川流域には静かな雰囲気の味わえる所がまだまだ存在する。荒沢谷の桂谷もその中の一つだ。この沢は5年位前から入渓したいと念じていた所であったが、パートナーが得られずに年月ばかりが足早に経過し、私にとっては毎年宿題を残しているような気持であった。

10月8日 曇のち霧雨
 三峰口からタクシーに乗る。樽沢のあたりまで道はアスファルト舗装されており、さらに奥へと道路工事が進んでいる。鷹ノ巣沢と大聖沢の中間点まで30分ほど車に揺られて行く。ここより荒沢橋まで30分ほど夜道を歩く。
 4年ほど前の10月に入川赤沢谷でビヴァークしたとき、秋の谷間はえらく寒いという印象を持っていたので、今日はシュラフカバーに加えて羽毛のキルティングまで持ってくる。しかし温暖前線の中に入ってしまったのだろうか、羽毛などにくるまっていると暑くて仕様がなかった。

10月9日 小雨のち曇、霧多し
寝る前の霧雨は夜明けが近づくにつれ雨足が早くなる。それでも出発の頃にはまた霧雨となる。荒沢谷は歩き始めから結構楽しい渓相が続く。30分ほどでアシ沢の出合に着く。この沢は2万5千分の1地形図で桂谷と書かれている沢であり、ゴルジュ記号が続いており芋ノ木ドツケ付近に突き上げている。さらに10分ほど遡ると桂谷の小さな出合に着く。静かな雰囲気の沢登りを1時間ほど行うと第一の悪場と呼ばれる瀑流帯に着く。ゴルジュの中に滝が連なり水線に沿って遡って行く。2つほど悪い滝があり緊張させられる。悪場の上から15分位行くと二俣に着く。左俣は二双12mで激しく落下し、右俣も同じ位の水量で10mほどの滝がかかっている。我々は本流である右俣に入る。この大滝は左岸のもろい岩の付着する草付きを高巻く。その上には苔で覆われたチムニー状の滝が続きバック・アンド・フートで快適に越える。もう沢筋は源流の様相を呈し、森もだんだん深くなる。雲取小屋から落ちる空罐が目につくようになったので左岸の小尾根に取付く。シラビソの原生林の中を白い霧が静かに流れ、赤橙色の紅葉がぼやっと浮かび、何とも言えない幻惑的な雰囲気が森の中に漂う。やがて雲取山北面の巻き道にひょっこりと出る。雲取山へ登ったのち駆け足で芋ノ木ドッケ、白岩山を経て太陽寺へと降る。