溢れる水と新緑の中を縫う・大菩薩嶺・泉水谷・小室川谷


大菩薩の沢
奥多摩湖〜泉水谷〜小室川谷遡行〜大菩薩嶺〜丸川峠〜裂石

登山日 2000年5月21日〜22日
参加者 大内、折笠、山野
コース・タイム
○5月21日(晴一時曇)
奥多摩駅8:55(タクシー)-9:38三条新橋10:08小室川谷出合10:42-13:30S字峡-14:15S字峡2段目滝上-14:44松尾沢出合(キャンプ)
○5月22日(晴)
7:08-8:55小室ノ淵9:15-9:25中ノ沢出合-10:37、10m直瀑-11:00、4段30mナメ滝11:18-11:38同滝上-12:45ジャヌケ沢出合-13:15フルコンバ小屋窪-14:55稜線15:20-15:45大菩薩嶺-16:35丸川峠-18:00裂石

 奥多摩駅から泉水谷林道まではタクシーでいく。フジの花がいま盛りとばかりに、あちこちに咲いている。大内さんは小室川出合の三条新橋のところでさっそく糸を垂れ、早々とイワナ一匹を釣り上げる。渓はサワグルミ、コナラなどの新緑がすがすがしく青空に映える。オオルリやミソサザイが囀り、陽も照り始めて長閑な感じが漂う。釣りをしながらの遡行なので、休み休みのいたってのんびりとした遡行だ。たまにはこうした遡行もいいもんだと思う。岩の上で寝ころんでいると、後からやってきた大内さんに「どうしたの?」なんて言われる。やがて大きな釜を持った8m滝に出合い、気持ちがシャンとする。アンザイレンして左岸の岩場を捲き気味に登っていく。この渓は水量が多く、ヘツリも適度の緊張感があって楽しい。S字峡の一段目の滝は激しく薙ぎ落ち、釜は深い。泳いで取り付き、右岸を登っている記録もあるが、「エッ、こんな所登れるの」といった感じ。泳ぎのうまい人でも足をすくわれそう。ちょっと滑りそうな右岸を高捲いていく。渓を俯瞰すると激しく水が流れ、圧倒される。残置スリングを使い、空中懸垂で二段目の滝下に降りる。着地する所は勢い良く水が流れ、足がすくわれそうになる。激しい水流をジャンプして対岸へと渡る。そのまま左岸を登ると深い淵に出た。とてもいい眺めであり「こんな所で釣りをするのはいい気分」といいながら、大内さんは糸を垂れる。ぼくは淵を俯瞰しながら、おいなりさんを美味しくいただく。「本当に幸せだね」とつぶやく。三段目の滝を登り、ゴルジュの中を左岸、右岸と慎重にへつっていく。松尾沢の出合の高台はサワグルミやハウチワカエデの茂る格好のキャンプ・サイトになっている。大内さんは釣りを、私と折笠さんはツエルト設営、夕食の準備、焚火と楽しく動き回る。「ドドドッー」と対岸の岩が崩れ驚かされる。
 木は湿っていて燃えにくい。でも枯れ枝がたくさんあるので、一度燃え上がると、豪勢な焚火となる。火を囲んで、長くそして楽しい晩餐が始まる。二匹のイワナは火にあぶられ、塩焼き、骨酒、味噌汁となってお腹に納まっていく。遡行といい、晩餐といい、こんなにのんびりと渓にひたれたのは本当に久しぶりだね。
静かな静かな渓間。水音が幸せの音楽のように聞こえる。
楽しい語らい。歌がでる。火が舞い上がる。
これで星がでていたら何も言うことはないのだが。
昨日は身体の調子が悪く、寝込んでいたが、もうすっかりと良くなった。病気を治す薬は沢登りが一番だと思った。

 ミソサザイの元気な囀りで、今日の一日が始まる。大内さんはさっそく釣り糸を垂れる。水は澄み、小滝は深い釜を持っていて、小気味よい遡行がつづく。今日もまた釣りをしながらののんびりとした遡行。残置ロープのある滝は滑べ滑べであり、アンザイレンして登る。やがて両岸は狭まり、小室ノ淵に出会う。ここも泳いでいく人もいるようだが、とてもそんな気になれない。見ているだけで「素晴らしいね!」と幸せに包まれてしまう。右岸を捲いていくが、白布が深い淵に勢いよく注ぎ込み、「こんな所登る人がいるのかね」と思われるほど凄い。でも記録によれば、この激流の中を登る人もいるんだよね。左岸から中ノ沢を迎え、水を湛えた釜をいくつも越えていく。陶然と空を見上げる。陽は降りそそぎ、新緑が渓をうめつくすようにまばゆく彩る。コガラのやわらかく澄んだ音色が渓に響きわたっていく。緊張した滝で眼を醒ます。10mの直瀑はヒョングリの滝となって激しく流れ落ちている。左岸を慎重に高捲き、懸垂下降する。すると四段30mのナメ滝に遭遇する。コーヒーを飲みながらしばらく休む。「素晴らしい眺めだね」といって、みんな眼を細める。快適なナメではあるが、落口のあたりは滑りやすいのでアンザイレンして登る。これで危ない所はないと安心していたら、淵のへつりで滑ってしまい、首のところまで水に浸かってしまう。「油断は禁物」と自分にいいきかせる。二段20mの滝をアンザイレンして越えると、渓は穏やかになってくる。ナメ滝が続き心は安らぐ。やがて岩のゴロゴロした崩壊地となり、源流は水苔の生えた幽寂とした森となる。水を飲むと冷たく美味しい。持病の血行障害が出てきて息が苦しく、ペースは落ちる。苔で蔽われたコメツガの原生林は太古の香りが漂う。笹をちょっと漕いでいくと妙見ノ頭近くの登山道にでた。「ヤッター」と心の中で叫ぶ。明るい笹原が拡がっていて、開放的な気分に心は満たされる。大菩薩嶺に登り、丸川峠を経て、裂石へと向かう。今日は月曜日なので、行きかう人もなく静かである。コメツガの林からコナラ、ミズナラ、ブナなどの落葉樹の茂る林へと移っていく。野鳥の囀りが幾つも重なり、今日も西日の中を足早に下降する。新緑の中をミツバツツジやヤマツツジが彩りを添え、楽しかった山旅の終章を静かに結んでいく。
 小室川谷は水が多いといわれ、ライフジャケットまで持っていったが、一度も使うことはなかった。

写真:上から
  S字峡
  小室ノ淵
  四段30mナメ滝上部

                                トップページ