丹波川・小常木谷


奥秩父の沢
丹波〜小常木谷遡行〜岩岳尾根〜丹波

登山日 1969年6月8日
参加者 単独
天候  晴
コース・タイム
丹波山荘4:45-5:25余慶橋-5:35小常木谷、火打石谷出合-13:00頃、岩岳尾根-15:00丹波

 私が最初に沢登りをしたのは、1965年9月、丹沢の勘七の沢であった。簡単な沢だとはいえ、この時は単独行であった。その後、やはり単独で3つほど丹沢の沢を遡行した。単独の沢登りは2回ほど危険な目にあっているので、最近は行っていない。しかし当時は沢登りの怖さをあまり知らなかったので、単独遡行を度々行っている。小常木谷は苔でヌルヌルとした滝や難しい滝も結構多く、人もほとんど入らない渓である。私はこの年の4月に結婚しており、いわば新婚ホヤホヤである。今思うと、まあ良く一人で入渓したなあと思う。
 今日はすばらしい遡行日和である。はじめのうちは小滝や美しい一枚岩の岩床があったりして快適である。やがて10m以上の圧倒するような滝や美しい滝が5つほど懸かる連瀑帯になる。置草履と呼ばれる悪場である。ていねいにホールドを選びながら登って行く。ザイル確保がないので、落ちたら誰も助けてくれない。そう思うと、否応なしに緊張感は高まっていく。むずかしい滝は無理をせず、高捲きを心がける。遡行してから4時間ほどで、岩岳沢の出合に着く。これから先は赤茶けたナメ床が延々と続き、小滝がいくつも懸かっている。一人のせいもあるが、静かな寂しい感じの漂う沢歩きである。ゴウロが現れ、上部で沢は大きく2つに分かれる。左手の枝沢に入るが、直にヤブとなる。30分ほど背丈を越すヤブを漕いで行くと、岩岳尾根にヒョッコリと出る。気が付いてみると、ヤブ漕ぎの時に腕時計をなくしてしまったらしい。岩岳尾根を駆けるように下っていく。