100メートルの大滝を登る
笛吹川東沢ヌク沢左俣右沢


奥秩父の沢
西沢渓谷不動小屋〜ヌク沢出合〜大滝〜甲武信岳〜戸渡尾根〜西沢渓谷不動小屋

登山日 1987年7月18日〜19日
参加者 梅渓(L)、山野、深井、後藤
コース・タイム
○7月18日(雨のち曇)
西沢渓谷不動小屋9:50−ヌク沢出合10:26−11:45近丸新道横断−12:15(昼食)13:30−12:45二俣−14:00右沢分岐−15:00大滝(260m)下15:15−17:20 大滝上−17:50テントサイト
○7月19日(雨)
テントサイト6:45−7:40稜線−8:00甲武信小屋8:15−8:28甲武信岳8:37-8:45甲武信小屋9:32−9:42戸渡尾根分岐−12:30西沢渓谷不動小屋

 登り始めからあいにくの雨である。遡行して間もなく、シャワークライムの洗礼を受ける。しばらくナメ滝を登っていくと2段6mに出会う。左端の凹角がルートだが滑べ滑べでとても登れそうにない。右側を巻いて行く。近丸新道横断点を過ぎ、しばらく歩いたところで雨足も強くなってきたので昼食とする。予定では暑い陽射しの中で流しソーメンと決め込むはずだったが、冷え込む雨空の下でのラーメンに切り替える。平凡なヌク沢も二俣を経て右沢へ入る頃より滝が連続し、快適な遡行となって来る。3段260m大滝の下段100mの滝を前にして、スケールの大きさに圧倒される。ザイルをつけ、3ピッチで下段100m滝を抜ける。一か所、ホールド、スタンスが細かく緊張する所があるが、快適なクライミングが味わえる。日も暮れてきたので中段、上段の滝は右側の楽な岩溝状の所を巻き気味に登って大滝を抜け出す。しばらく遡ると適当な平坦地があったので、ツウエルトを2張り設営する。夜は冷え込む。

 ナメ滝をいくつか超えて行くと、直に水は枯れ、シラビソの静かな原生林帯となる。所々にシャクナゲが咲き、メボソ、コマドリ、ミソサザイ、ルリビタキ、ヒガラ、シジュウカラ等の野鳥が爽やかにさえずり、奥秩父へ来た喜びが少しずつ我が身を包んで行く。
甲武信小屋へ立ち寄った後、甲武信岳へ登る。雨は相変わらず降っている。帰り道はぬかるんだ戸渡尾根(近丸新道)を駆け足で下る。