入川・金山沢・大荒川谷遡行〜西破風山〜久渡沢・ナメラ沢


奥秩父の沢
川又〜赤沢谷出合〜入川遡行〜金山沢遡行〜大荒川谷遡行〜西破風山〜久渡沢・ナメラ沢下降〜広瀬湖

登山日 2001年7月20日〜22日
参加者 大内、折笠、山野
コース・タイム
○7月20日(晴)
川又10:45-11:33軌道現る-12:20赤沢谷出合13:30-入川遡行-15:00中小屋沢出合15:15-17:10金山沢出合(泊)
○7月21日(晴)
6:22-8:06三角形岩8:27-8:45ゴンザの滝-同滝上9:10-10:45、6m二条滝上-10:52二俣(小荒川谷・大荒川谷)11:50-14:30中の二俣(泊)
○7月22日(晴)
6:28-7:27奥の三俣7:35-8:15源流-10:00稜線-10:03西破風山-10:07ナメラ沢下降点-14:30峠沢出合-14:38林道15:15-16:10広瀬湖・雁坂峠入口バス停

 三連休に行く渓として東北の大倉川・笹木沢と入川・大荒川谷に絞られ、最終的に決まったのは入渓の3日前であった。今年は空梅雨であり、早々と梅雨が明け暑さも尋常ではない。ミソサザイやオオルリの囀りに励まされ、緑豊かな落葉樹の生い茂る森林軌道に入ると暑さも和らいでくる。赤沢谷出合で昼食をとっていると女性の単独行者が通り過ぎていく。先ほどもすれ違ったが、言葉を交わすこともなく、無口な方である。ヘルメットを持っていたから、真ノ沢か股ノ沢あたりを遡行するのであろうか。それにしても女性の単独遡行者と会うことはめずらしい。渓流シューズに履き替え、入川に入渓する。ハウチワカエデやサワグルミが鬱蒼と茂る中を水は滔々と流れる。我々はうだるような暑さから解放され、涼水に浸りながら渓と林に溶け込んでいく。大内さんが釣りを行っているので、休みが多く歩みもゆったりとしている。こんなのんびりとした遡行は私好みだ。水や岩の造形、樹々の茂り、太陽の恵みの中を自由気ままに遡って行けば良いのだから。それも沢山の小鳥の伴奏つきで。入川第一のゴルジュは特に問題となる所もなく、簡単に通り過ぎると、右岸から美しい滝を懸けて中小屋沢が注入する。大内さんは頻繁に竿を投げるがイワナはびくともしない。大内さんと初めての沢登りがこの入川であった。真ノ沢を遡り、甲武信小屋へ突き上げた。24年前の9月のことであった。月日の流れを落ち穂拾いしながら、感慨にひたる。カワガラスが鋭く一声し、川面を素早く走り抜ける。やがて第二のゴルジュに逢着する。両岸は切り立ち、水は深い。泳ぐかどうか迷ったが、結局は左岸を高捲いていく。第三のゴルジュはハーケンを1本打ち込み、右岸をへつっていく。大きなイワナが飛び跳ね、ぶつかりそうになる。急な流れに足を掬われないように慎重に対岸へとわたり、滑べ滑べの一枚岩をフリクションで素早く登る。この後も難しいゴルジュが続いているようだが、左岸にいい捲き道があったので、金山沢の出合まで導かれていく。出合に整地があったので、ツエルトを設営する。大内さんは早速釣りに出かけたが、釣果はなかった。お二人さんは遅くまで呑んでいたようだが、私は疲れていたので、早々と就寝した。後で聞いた話では夜空の星がきれいだったようだ。

 
     
小荒川谷出合・二条の5m滝  (折笠さん撮影)

今日もピーカンの天気。昨日同様、釣りをしながらの遡行なので、ペースは至ってのんびりとしている。釜を持った小滝が小気味よく続く。際どいヘツリもあったりして楽しい。三角形をした大きな岩場の上で、コーヒーや紅茶を飲み天をあおげば幸せで心は満たされる。時々胸のあたりまで水に浸かったりするが、寒さは感じられない。深い釜を持ったゴンザの滝と命名される四段15mの滝は右から高捲いていく。小荒川谷は二条の5m滝を美しく懸け、右岸から注入する。昼食後、右の大荒川谷へと入る。今までびくともしなかったイワナが大荒川谷へ入ったとたんに三匹も釣り上がる。1時間執念をかけた粘りが実り、大内さんの顔もほころぶ。しばらく沢は荒れ果てた感じのナメが続いていたが、二段20mの滝を境に一変する。水はほとばしりスダレ状に落ちていく。絵になる眺めである。右岸の苔で被われた階段状の岩場を快適に攀じ登っていく。深い釜を突き進み、チョックストン滝を腕力でずり上がると泳がないと突き進めない淵に逢着する。ここから、しばらく渓はゴルジュ状となり、緊張感も高まってくる。奥には二条6mの滝が白布を懸けている。最初は右岸の側壁から登攀を試みたが、難しく、左岸の側壁にハーケンを連打して越えていく。最初の二歩が難しく、この淵を越えるのに1時間位かかってしまったような気がする。この上に懸かる小さな滝は微妙なバランスで越え、次の滝は左壁をシャワーを浴びて越えていく。続く15mの滝はぬめった感じの滝である。大内さんは登りたそうであったが、左岸を小さく捲いていく。一見したところ、急で難渋すると思われたが、ホールドも多く、楽に通過することができた。14時30分、中の二俣に着く。時間的には早いが、格好の幕営地があったので、ここで遡行を打ちきる。この先は適当な幕営地がなかったので、ここに泊まったのは正解であった。豊饒とした樹々に被われ、薪もいっぱいある。暮れなずむ中、ルリビタキとコマドリの競演が軽快なリズムで流れていく。火の粉を巻き上げ、豪勢な焚火がいつまでも続く。3匹のイワナは刺身、塩焼き、味噌汁となってお腹に納まっていく。お酒が回ってトロトロしたところで眠りにつく。


                 
(折笠さん撮影)

 朝方に眠気がやってきて、起きるにはちょっと決断がいる。それでもコマドリの囀りに励まされて飛び起きる。今日はナメ滝が多く、途中の20mや12mの滝がアクセントをつけてくれる。奥秩父らしい苔で被われた滝が小気味よい。源流に近づくにつれ、水はしびれるような冷たさだ。シラビソやツガで被われた森は森厳としている。奥秩父の針葉樹林帯ではおなじみのメボソムシクイとルリビタキの合奏が森中を流れる。最後は西破風山から北へと続く枝尾根に突き上げる。この道は廃道ではあるが、比較的歩かれている。地肌は苔で被われ、古寺の日本庭園を思わせる樹林帯を縫っていく。稜線に出て3分も歩くと西破風山の頂であった。4分ほど歩くとナメラ沢の下降点につく。少し下ったところで心臓が苦しくなり、しばらく休憩させてもらう。今さっき大荒川谷の素敵な源流を登ってきたせいか、ナメラ沢の源流付近は荒れた感じがする。それでも「く」の字のナメ滝が現れてからは快適なナメが次から次へと続くようになる。水は岩床を滑るように流れ、陽にあたってきらめく。ナメと戯れていれば童心に還り、心臓の調子も良くなってきた。久渡沢に懸かる滝を懸垂下降し、峠沢を10分ほど遡ると林道に出た。
  

                (折笠さん撮影)     緑の苔が美しかった大荒川谷源流近く

                              トップページ