日原川・大雲取谷


奥秩父の沢
登山日 1979年8月17日〜18日
参加者 山野(L)、江間、沢田、西川
コース・タイム
 ○8月18日(曇ときどき小雨)
唐松谷出合6:36-7:07長沢谷出合-7:32岩茸谷出合付近*8:30-10:04小雲取谷出合10:35-11:36熊穴窪出合-12:20大ダワ林道12:35-13:36長沢谷14:25-14:47唐松谷入口
 *釣師の要望で1時間ほど休憩

 江間君の運転する車で金曜日の夜、東京を発つ。3時間ほどで日原の鍾乳洞に着き、適当な場所を見つけ、シュラフカバーにもぐって眠る。
 日原川は私の好きな谷の一つであり、いつ行っても静かな遡行を味わうことができる。沢登りは大きな谷へ入ればそれだけ、すばらしい事に出合うことも多い。けれども、さすらい人のごとくふらっと出かけ、馴染み深い多摩川の源流にひたり、少年期の憶い出を懐古しながらたどる奥多摩の沢登りもまた楽しい。私は昨年ひとり寂しく、日原川上流で大雲取谷と水流を大きく2つに分ける唐松谷へ行った。釜は美しく、岩は青苔におおわれ、水量豊富に薙ぎ落ちる滝がある反面、源流は幽寂とした森の中を水が滔々と流れ、しみじみとした味わいのある遡行をすることができた。だから大雲取谷へ入るときはそんな期待を胸に抱いていた。
 谷へ入るとじきに小魚留滝(6m)があらわれ、見事な白布をかけて落下する。ここは左岸を高捲いて行く。ここから長沢谷を経て権衛谷の出合あたりまでは伐採のため谷は荒れている。この谷は釣師がたくさん(今回の山行でも6人位)入谷しており、釣師からはいやな顔をされるし、谷もとても歩き易く整備されている。私が抱いていた大雲取谷のイメージは、はかなくも崩されていってしまう。それでも権衛谷付近のゴルジュ帯は美しく、ヘツリも何カ所かあって、しばらく楽しく快適な沢歩きができる。右岸から小綺麗な小雲取谷を迎え、悪場と言われるS字峡を難なく越えるとあとは平凡な谷となる。熊穴窪から大ダワ林道へ出る。皆、思っていたよりも簡単に登れて物足りなかったようなので、立案者としてその点がちょっと残念であった。