紅葉の両神山


奥秩父の山
会所〜清滝小屋〜奥社〜両神山〜東岳〜西岳〜八丁峠〜下駄屋沢橋〜中津川出合

登山日 1973年11月3日〜11月4日
参加者 山野(CL)、内藤、熊倉、牧、沢田、志村、小林
コース・タイム
 ○11月3日 
池袋9:35-11:08西武秩父11:50(バス)-12:35小鹿野町役場13:15(バス)-14:20出原上14:30-16:00会所16:05-16:45清滝小屋
 ○11月4日 
清滝小屋5:12-6:30奥社(のぞき)6:40-7:10両神山7:13-8:15東岳8:40-10:10西岳10:30-11:45八丁峠12:25-13:10下駄屋沢橋-(途中5分ほどトラックに便乗)-14:50中津川出合バス停15:40-18:00お花畑-20:08池袋

11月3日(晴れたり曇ったり)
 バスを乗り継ぎ、14時20分に出原に着く。しばらく歩くと日向大谷に着く。両神山というだけあって祠がとても多い。大きなスギやヒノキが現れてくると、あたりは奥秩父らしい雰囲気となってくる。カエデの紅葉の点綴する道を軽快に歩いて行く。やがて道の右手に大きな岩壁が出現する。岩壁は紅葉で美しく彩られている。この頃より志村さんはバテ気味となり、足並みが乱れてくる。パーティを2つに分け、私は沢田さんと志村さんと一緒に後からのんびりと登って行く。少し登っては休みつつ、17時10分、ようやくにして清滝小屋に着く。もうあたりは暗く、たくさんのパーティが夕食を作っている。私達も煌めく星座の下で暖かい豚汁を食べる。頂上には白鳥座が大きく羽を広げている。
 山小屋は非常に混雑し、200名収容のところを600名も詰め込んで寝ることになる。山小屋のオヤジはイライラし、怒鳴ってばかりいる。寝返りもうてない窮屈な夜。みんな、なかなか寝付かれず、ぶつぶつ言いながらも夜は更けていく。

11月4日(晴)
 3時20分起床。外へ出れば空はこぼれんばかりの満天の星だ。南の空にはオリオン座がとても美しい。
 ここ5週間連続した日曜日の寒雨は今日で終止符が打たれる。「早起きは三文の得」というが、昨夜とはうって変わり、一番起きの私達は一番良い場所でゆったりと朝食のラーメンを作る。
 陽のまだ昇らぬ5時10分、小屋を発つ。奥社をめざして雷光線形の急坂を懐中電灯を手に一歩一歩登って行く。東の空はだんだんと赤みはじめ、澄んだ朝の空気が快い。
 やがて、右手の滝沢あたりからミソサザイの軽やかな歌声が聞こえてくる。小鳥の音楽にリズムを合わせて登ること1時間で展望台に着く。秩父主脈の山々が赤く染まり、やがて赤々と燃える太陽が昇ってくる。しばらく行くとノゾキに着く。雲海の上に奥秩父の峰々が夢のような姿で浮かび、その奥には富士の真っ白い姿も手にとるように見える。ここからはゴツゴツとした岩が現れてきて、両神山らしくなってくる。7時10分、両神山の頂に着く。山頂は混雑しており、そそくさに通り過ぎてしまう。
 両神山から東岳にかけてはヤシオツツジの紅葉が延々と続き、コメツガの緑が森を着飾っている。東岳からは大きく下り、また大きく登ると西岳である。西岳では30分ほどの大休憩をとる。陽は強く、秋とはいえ汗ばむほどだ。武甲から雲取山にかけての峰々は、雲海の上にシルエットのように浮かんでいる。二子山、西上州、上州、浅間山、八ヶ岳などの山々や雪をかぶった中ア、北アの山々もくっきりと見える。両神山に登山できたことを歓び、心は今日の空のように青々とすがすがしい。奥秩父の秋は何と美しく、何とのどかなのだろう。見たまえ!あの雲と森の美しさを!
 西岳から八丁峠へかけての道は岩場の道であり、鎖場がとても多い。志村さんは岩場に慣れていないせいか、登り降りにとても苦労する。でもみんな元気に八丁峠に着く。八丁峠はカエデの落葉でいっぱいであり、ふかふかしてとても気持ちが良い。落葉の上にビニールを広げ、楽しい昼食をとる。みんな食欲旺盛で、瞬く間に食べ物は消えていく。
 八丁峠からは秩父鉱山へ向かって下って行く。落葉を踏みしめ、ススキの道を潜って行くと、雲一つない真っ青な空にブナやカエデの紅葉が鮮やかに映えてくる。やがて整備された林道に出合う。少し下ると秩父鉱山の硅砂採掘場に着く。ここは秩父鉱山の労働者の村であり、なんとなく寂しい感じのする所である。砂埃と古ぼけた社宅がここに働く者の厳しさを象徴している。「おりん口伝」の主人公の姿などを思い浮かべたりしながら歩いて行く。
 道は神流川に沿ってつけられており、3時の最終バスに間に合わせるべく歩みを早める。足が棒のように痛くなった頃、鉱山の人の車が後からやって来て、便乗させて貰う。14時50分、出合バス停に着く。中津川の岨だつ岩壁は紅や黄の秋色で美しく彩られている。しかし葉はぼたん雪のようにパラパラと舞い、冬が急速に忍び込んできているようだ。やがてバスは中津川の紅茫たる落葉樹の中を縫って里へと降りて行く。内田さん差し入れの梅酒でとろとろとまどろんで来る頃、西武秩父に着く。

(後記)
 清滝小屋の上の奥社には10人程度泊まることができる。
八丁峠付近は落葉樹が多く、10月初旬から中旬はカエデやブナの紅葉がとても美しいだろう。今回はすべて落葉していた。