苔むす神秘的な源流・笛吹川東沢信州沢


奥秩父の沢
広瀬〜信州沢営林小屋〜甲信国境稜線〜甲武信岳〜梓山

登山日 1968年5月1日〜5月3日
参加者 山野Y、山野H
コース・タイム
○5月1日(晴)
広瀬5:00-14:40信州沢営林小屋
○5月2日(晴)
営林小屋8:00-12:00甲信国境稜線-14:00甲武信岳
○5月3日(晴のち曇)
甲武信小屋7:00-13:00梓山

 田部重治さんらは大正4年5月にホラの貝〜信州沢〜甲信国境突破〜梓山〜栃本のコースで笛吹川を遡行している。私達はその紀行文に魅せられて信州沢を遡って梓山に抜ける計画をたてた。 
朝の5時、バスは終点広瀬に着く。昨日までのうっとうしい雨は晴れ上がり、朝のすがすがしい空気が漂う。ウグイスの澄んだ歌声を聞きながら笛吹川に沿って歩いて行く。所々にヤマツツジが咲き1時間ほどでヌク沢の出合に着く。ここでゆっくりと朝食をとる。朝食後、鶏冠山の奇峰を見上げながら東沢へと歩を進めて行く。雪解けで冷たく、水量も多い。取り付きから冷たい渡渉が始まる。鶏冠谷出合からホラの貝までは林道を登って行く。昨年渡渉を繰り返した本流はかなり下の方にのぞまれ、瑠璃色の水をたたえている。ホラの貝からは再び沢に入る。何回となく渡渉を繰り返しながら沢を忠実に遡って行く。東沢小屋から信州沢出合にかけては圧倒する峭壁が随所にあり、美しいナメの枝沢が続く。東のナメ、乙女の滝、西のナメを過ぎ、瑠璃色に沈む瀞を見ながら進むと釜ノ沢、金山沢の合流点に着く。
 昨年遡った釜ノ沢に別れを告げ、誰にも見向きもされない不遇の沢である金山沢・信州沢に入る。信州沢は金山沢に入ってすぐに右手から注入する沢である。田部重治さんは紀行文の中で信州沢のことを「瀑布が頻々と続き筍の節のよう」と表現している。しかし今日のこの沢は何と無惨な姿なのだろうか。ここには私が抱いていた神秘的なイメージは全くなく、伐採で打ち倒された木々が寂しげに沢を埋めている。彼の紀行は大正4年5月の時のもの。同じ自然を求めることの方が無理なのである。伐採のため沢筋は明るく、五月の太陽が私達を包んでいく。いくつかのナメを遡っていくと予期しなかったものが眼の中に飛びこんできた。営林小屋である。時刻は2時半であり、行動を打ちきるにはまだ早い気がする。しかし、この先いつ果てるかわからない遡行を続けるのも不安だったので、ここを今日の塒と決める。寝具といってもキルティングぐらいしかなく、寒い寒い一夜であった。

 朝の4時頃、あまりにも寒いので焚き火をし、うとうとしながら明るくなるのを待つ。天気はこよなく良い。沢はここで北北西と西に大きく分かれるが、北北西へのルートを選ぶ。沢筋は相変わらず、伐採と倒木で痛めつけられている。しばらく行くと源流の様相を呈してくる。風景は一変し、コメツガの原生林が高々と生い茂り、真昼だというのに暗い。水色に朽ちた木々が横たわる源流の難路を忠実につめて行く。苔むした岩肌が不気味な色彩を生み、不思議な雰囲気を漂わせている。やがて水も涸れ、がくがくした苔の上を登高するようになる。歩いても歩いても風景は変わらない。神秘的な森の中を彷徨い歩くような感じ。もう何年も、いや何十年も歩かれていないことだろう。縦走路への道のりは長く、ヒガラやコガラの囀りだけが響く静かな森。豊かな木々の緑は先ほどまでの伐採で痛めつけられた私の心を癒してくれる。無惨な伐採と苔むした森の錯綜はなにも信州沢だけの現象ではない。奥秩父のあちらこちらで起こっている。やがて歩けど歩けどシャクナゲが群生するようになる。密生していて歩きにくい。6月初旬の花の咲く頃だったら、さぞかし美しいことだろう。
 12時頃、ついに縦走路にでる。やっと着いてホッとした。これはこの時のいつわざる気持ちであった。少し歩くと富士見に着く。足元にはあの信州沢の営林小屋がはっきりと見えるではないか。甲武信岳までは踏み固められた残雪の上を、春の陽光を浴びながらゆっくりと登って行く。空腹のためか何となくだるい。14時、甲武信岳の高みに着く。遮るものは何もなく、360度の残雪の山々の連なりが拡がっている。今日は甲武信小屋に泊まる。

 7時に小屋を発つ。甲武信岳からは北に向かって尾根を下る。三宝山へかけての北面は雪が深い。武信白岩山を越えると、コメツガ、シラベ、トウヒ、クロベなどが生い茂る原生林帯となる。野鳥の囀りが快い。十文字峠を経て戦場ヶ原へとゆっくりと下って行く。5月の午後の太陽が落葉松や白樺の樹々を明るく照らし、チチッチチッと鳴きながら小鳥が餌をあさっている。梓山への道は高原野菜を栽培するために、開墾の真最中であった。