笛吹川東沢鶏冠谷左俣から釜ノ沢


奥秩父の沢
鶏冠谷出合〜鶏冠谷〜鶏冠尾根鶏冠山付近〜木賊山〜甲武信小屋〜笛吹川東沢釜ノ沢〜両門ノ滝〜東沢小屋〜ホラの貝の入口〜鶏冠谷出合〜西沢渓谷入口

登山日 1969年8月16日〜17日
参加者 山野(CL)、富宇賀
コース・タイム
○8月16日(曇)
鶏冠谷出合9:50-9:55F1-10:28最初の枝沢注入点-12:00F9(昼食)-15:27鶏冠尾根鶏冠山付近-17:15木賊山-17:25甲武信小屋
(夕食後鶏冠尾根パーティの捜索に出かける)
甲武信小屋18:50-20:20鶏冠尾根パーティとコールを取り交わし、小屋に引き返す-21:45甲武信小屋
○8月17日(晴)
甲武信小屋6:07-6:45鶏冠尾根パーティと合流7:00-7:40稜線-7:50甲武信小屋-8:30(笛吹川東沢釜ノ沢入渓)-9:10二俣(朝食)10:25-12:30両門ノ滝-13:00釜ノ沢出合(昼食)-14:50東沢小屋-15:00ホラの貝の入口-15:20鶏冠谷出合16:30西沢渓谷入口

 鶏冠谷F1着9時55分。ここで鶏冠尾根パーティに見送られ、別れる。F1(10m)は水量が多く、上部が滑り易いので、左のザレたところを高巻く。F2二段を左より越し、ゴーロの中をしばらく行くと、奥に大滝30mを持つ枝沢が右岸より注入する。さらに歩を進めると、正面に60m近い滝を持った技沢が立ちはだかる。本流はここで右に直角に折れ、F3ナメ滝を右手から越すとF4(7m)が現われる。左のザレた所を高巻く。しばらく快適なナメが連続する。左岸より、出合に15mのすばらしい滝をかけた沢を見送ると、沢筋は左へ大きくカーブする。このあたりが去年の9月山行時の引き返し地点である。これより先がこの沢の核心部だ。私達の知る限り、鶏冠谷に関する記録は全くない。未知の世界に期待は大きくふくらむ。F5(10m)、F6(6m)、F7(10m)、F8(15m、ナメ)と滝が間断なく連続する。岩はすっきりしており快適だ。ここで沢は二分し、左には40mの大ナメ滝、右手本流にはF9(20m)がかかっている。時計は12時を指しており、昼食にする。冷えたソーダラップが実にうまい。天侯が優れないので早々に出発する。左のナメ滝を登り、ブッシュを漕いでF9の上に出る。濡れるのを覚悟なら、ナメ滝の下部を水に打たれながらへつり、F9左のクラックを登れば簡単に越せる。
 核心部はこのあたりで終り、ナメ滝をいくつか越すと沢は二分する。右手が本流だが左手の沢の方が水量は多い。私達は左手の岩地に入る。やがて水は涸れ、1時間ほど藪を漕ぐと鶏冠尾根、鶏冠山付近に出る。15時27分。このあたりはザレた感じの岩場である。しばらく行くと深閑とした原生林の中を縫うようになる。ナタ目に導びかれつつ登高する。尾根に出てホッとしたせいか、それとも疲労と空腹のせいか、息切れがひどく、遅々として足は思うように前へ進まない。喉が乾くも一滴の水もなく、水筒を持参しなかったことを悔やむ。残飯とバターココナッツを食べ、少々元気を取り戻す。倒木の激しい道をゆっくり進み、17時15分木賊山に着く。あと10分で甲武信小屋だ。喜び勇んで小屋へ飛び込んだところ、鶏冠尾根パーティはまだ到着していないとのこと、しばらく待っても現われない。山小屋のオヤジが鶏冠尾根での過去の転落遭難の話などをするので少々心細くなってくる。遅れている理由として私達は三つを想定した。@鶏冠尾根があまりにも悪く、あきらめて雁坂峠からのルートに変更した。A東沢小屋へのルートと間違えた。B事故にあった・・・・
あれこれ考えても仕方がないので小屋の主人にその旨を伝え、夕食後鶏冠山付近まで捜索にでかける。空は私達の心配をよそに満天の星で美しい。息をせきたてながら下って行く。しばらく行きコールをかけると返答があり、灯りが確認される。我々のコールに対する返答が助けを呼ぶ悲鳴に聞こえ、気持ちがあせってくる。その上、夜道では原生林の中の道は非常にわかりにくく苦労する。道を探しつつ1時間半も下ったところで、ようやく正確なコールの交換ができ、無事でいることを知り、安心して小屋に戻る。小屋の主人も心配して途中まで迎えに来てくれ感謝する。

 木賊山手前で合流する。感激の一瞬だ。皆元気で安心する。木賊山の急坂を元気に登りつめ、7時50分甲武信小屋に着く。ここで40分ほど休憩する。話は昨夜のことでもちきりである。小屋の主人に昨日の礼を言い、予定通り、東沢釜ノ沢を下降する。上部のナメを慎重に下ると、何の変哲もない沢歩きがしばらく続く。40分ほどで二俣に着く。ここで一昨年と同様、ソーメンを食べる。根津君は鳥肌を立ててソーメンにありついている。食事後、ゴーロの中を少々うんざりしながら歩いて行く。一つの清冽な滝に出合うと沢は一変し、花崗岩のきれいな岩床の続く、釜ノ沢の核心部へと突入する。2本の清冽な滝が奔流する両門の滝に出合うと眺めは壮観だ。やがて300mはあろうか。花崗岩の一枚岩の上を水が滑るように流れる千丈のナメを迎えると核心部は終わる。金山沢との分岐点付近で大休憩をとり、平凡なゴーロの中を40分ほど行くと東沢小屋に出る。ホラの貝入口付近より林道に入り、15時20分鶏冠谷出合に着く。
 甲武信小屋の主人の話だと来年には鶏冠尾根の道を整備する予定だそうである。不慮の事態を生じ、苦労したが、笛吹川の美しい流れが我々に楽しい思い出を語ってくれた。

                             トップページ