三十年振りの笛吹川東沢・鶏冠谷


奥秩父の沢
西沢渓谷不動小屋〜笛吹川東沢・鶏冠谷右俣遡行〜戸渡尾根〜西沢渓谷不動小屋

登山日 1999年10月1日〜10月2日
参加者 大内、梅香、折笠、山野
コース・タイム
○10月1日(晴)
中央線・塩山駅21:30-22:00西沢渓谷不動小屋-22:40鶏冠谷出合付近
○10月2日(晴)
鶏冠谷出合付近6:02-6:08鶏冠谷出合6:22、F1-6:55夫婦岩-7:20三段8mナメ滝-逆くの字の滝上8:00-8:30二俣9:00-9:30ミニ・ゴルジュ10:00-11:05連続するナメ滝(昼食)11:45-13:55、15mナメ滝上で遡行終了-14:55戸渡尾根15:45-18:35西沢渓谷不動小屋

 中央線の西国分寺駅で人身事故があり、駅のホームで1時間ほど待たされる。亡くなられた方は担架で運ばれ、なんとなく幸先の悪いスタートである。予定より30分ほど遅れて21時30分に塩山駅につく。タクシーに乗り、ライトを頼りに40分ほど林道を歩く。河原に出た所で、ツエルトを二つ設営する。しばらくビールやウイスキーを飲みながら、久々の笛吹川の夜を楽しむ。梅香さんとは八ヶ岳・立場川本谷を遡行して以来だから、9年振りの登山である。うれしさで話もはずむ。明日遡る鶏冠谷は実に30年振りの入渓であり、懐かしさがこみあげてくる。あの当時は案内書もなく、地図と磁石を頼りに、一抹の不安を抱きながらも、期待に胸を膨らませて遡って行った。どんな滝があるのかも、難しさもまったく分からない手探りの遡行であった。あの時は身も心も青春の真只中にあり、2人で遡った。そして甲武信小屋で落ち合うはずだった鶏冠尾根の5人の仲間はなかなかやって来ない。夕食後、捜索にでかけた。原生林の中の夜道は非常に分かりにくい。満天の星空の下を1時間半も下っていくと、やっと正確なコールを交わせるようになる。無事でいることが分かり、安心して小屋に戻った。

 寝たと思ったら、じきに朝がやってきた。寝不足でスッキリしない。でも天気は上々。鶏冠山の奇怪な岩峰が指呼できる。鶏冠谷に入渓すると、すぐに鶏冠尾根登山道に落ち合う。苔で被われた渓を歩いていると、奥秩父の渓に来たんだなあという感慨にひたれる。ナメ滝が次から次へと続き、のんびりと遡っていく。でも苔のついた岩は注意しないといけない。僕は一回ツルッと滑ってしまう。右岸に奥飯盛沢の見事に磨きぬかれたツルツルのスラブを見る。すると、逆「く」の字のナメ滝があらわれる。アンザイレンして右壁を登るが、上部は岩が磨かれていて滑り易い。残置のハーケンやシュリンゲがいくつもある。30年前に来た時は、そんな物は何もなかったと思う。しばらく行くと渓は二つに分かれる。右俣には鬱蒼とした森の中に、二段25mの大滝が懸かっている。最初にこの渓へ入った時は、この滝を見て、たぶん大変そうに思い、左俣の緩やかな流れの中へと誘いこまれて行ったのだと想像する。大滝の捲き道は少々悪い。折笠さんは湯檜曽川本谷で脱臼した肩を、又もや脱臼しそうになる。「肩が痛む」という。彼女はしばらく沢登りを自制した方がいいと思う。でも虎毛山・虎毛沢や湯檜曽川本谷などを遡り、沢登りの楽しさに目覚めたばかりであり、自制を求めるのは無理のようだ。そういう僕も、腕が痛みながら登っている。自制心など少しもないと言っても、過言ではない。渓や森が僕を呼んでおり、身体の故障を理由に山へ行かないことは、とても辛いことである。
 森は深く、渓に陽は射し込まない。真昼だというのに仄暗い。水量豊かな小滝の連続するミニ・ゴルジュが現れ、アンザイレンして左岸をへつっていく。トップの大内さん、途中でスタンスがなく苦労している。足を出したり、引っ込めたり。そのうち、一本打ったハーケンを足場に落口へと抜けていく。二番目にへつった折笠さん、途中で滝の方へ滑り落ちてしまう。でも両端をザイル確保していたので、事なきを得た。ここは一見悪そうだが、足場として打ったハーケンが頼りになり、注意して見回すと、がっちりとしたホールドとスタンスが落口へと導いていく。驚いたことに9名もの若者たちが連なって登ってくる。渓でこんなに大勢の一団と出会ったのは初めてである。私たち4人の平均年齢は52歳であり、彼らとは年齢がかなり違うようだ。"私たちも頑張っていますねえ"と自分をほめたりする。
 30mの大滝を左から越すと、ナメ滝が続き明るく開放的になる。渓は陰から陽へと変わっていく。陽は燦々と輝き、汗ばんでくる。水は渦巻き、滑るように流れていく。お湯を沸かし思い思いの昼食をとる。この渓はナメ滝が多い。ちょっと油断すると滑りそうになる。ナメ滝のトラバースは成功すると笑みがこぼれる。
最後の40mの大滝は実にすばらしい。近寄り難い迫力が胸を締めつける。右側の草付きを登っていくが、しょっぱい。この上の15mのナメ滝はシャワーを浴びながら、アンザイレンして登る。次の滝も草付きが少々悪く、アンザイレンを解かずに登る。10m前後の滝が三段連なっている所で遡行を打ち切り、右側を小さく捲いていく。驚いたことに、上から渓を俯瞰すると、滝の数は三段どころではない。少なくとも、8つ位の滝が延々と連なっている。これらの滝は登る人はほとんどいないであろう。木賊山に隠された神秘の滝のように思われた。しばらく岳樺や栂の原生林の中を縫っていく。森の調べに合わせるかのように、霧が立ちこめてきた。森に溶け込んだ私たちは幸せでいっぱいだ。午後の3時、戸渡尾根に出た。
 時間的にも遅いことだし、ここから下るものと思っていたら、木賊山に登ると言う。私はまた持病の血行障害が出たら迷惑をかけると思い、ここにとどまる。木賊山へまだ一度も行ったことのない大内さんと折笠さんが山へ向かう。待っている間、東沢・ヌク沢の方へ少し降りてみる。斜面は苔でびっしりと被われ、ふわふわとして、歩くのがもったいないような気分になってくる。奥秩父での山行を振り返ってみれば、渓を遡り、源流にやってきて、深閑とした森の息づかいに触れた時、山にきた嬉びに包まれた自分に気がつく。むちゃくちゃな伐採に心を痛めつけられながらも、樹と苔が彩なす緑に心の安らぎをおぼえるのだと思う。思えば三十数年もの間に、いろいろな仲間と幾度となく笛吹の渓を遡ってきた。滝壺に落ちたり、厳冬のビヴァークで身を震わせたり、大滝を攀じ登ったりと想い出は尽きない。今回の3人とは初めての笛吹川の遡行であった。これで僕の笛吹川の想い出に、また新しい一頁が加わった。
 40分ほどして、二人は戻ってきた。15分位歩いたが、木賊山には着かず、もう15分位歩かないと、着かないような気がしたと言う。戸渡尾根は急な道だ。どんどんと下っていく。黄昏の中、メボソムシクイが淋しげに鳴き、ヒガラの幼鳥の鈴の音が森から零れる。ヌク沢を横断したあたりで暗くなる。道は狭く、谷側が所々ガレており、ライト頼りの夜道は神経を使う。18時35分、西沢渓谷不動小屋につく。塩山駅近くの中華飯店で1時間ほどお酒を飲んだ後、帰京する。

    


  

   

                            写真撮影;大内さん、梅香さん

                             トップページ