蘇りつつある奥秩父の名渓・大洞川・和名倉沢


奥秩父の沢
秩父湖〜和名倉沢遡行〜二瀬尾根〜秩父湖

登山日 2000年10月7日〜10月8日
参加者 大内、梅香、折笠、山野
コース・タイム
○10月7日(晴)
9:30三峰口駅9:45(タクシー)-10:15大洞川入口-10:35和名倉沢出合11:10-12:15石津窪出合12:35-12:40弁天滝の上-13:35氷谷出合-14:35ワサビ沢出合-15:07大滝下-15:40船小屋窪-16:00キャンプ・サイト
○10月8日(晴時々曇)
6:25-6:35三段15m-9:12三段8m滝上-10:43三段25m滝下-10:55同滝上(昼食)11:22-12:00奥の二俣-12:55二瀬尾根-13:32和名倉山頂上まであと40分位の地点(引き返す)-19:40秩父湖

 和名倉山は40年ほど前に大規模な伐採が行われ、哀れな裸の山というイメージが強かった。雲取山付近から和名倉山を眺める時は一抹の寂しさを誘った。だから、今まで和名倉沢は私自身の遡行対象からも外れた不遇の存在であった。でも最近は大分修復されたようで、遡行する人も増えてきた。和名倉沢はかつての奥秩父の名渓である。どこまで渓が修復されているかという点と、遡行後の二瀬尾根にははっきりとした夏道がないという点に興味を持った。大洞川への入渓は1979年8月の井戸沢以来だから実に21年振りということになる。その時のメンバーは大内さんと梅香さんであったから、感慨もひとしおである。
 入渓早々深い淵で高捲きを余儀なくされる。次に大岩が現れ、早々にロープのお世話になる。しばらく快適な小滝やナメが続き、楽しい。緑も濃く鬱蒼として渓はやや暗い。チェーンや倒木の多さが伐採の傷跡として残っている。でもそれほど気になることはなく、美しい水の流れが小気味良く続いている。やがて左岸から石津窪を迎い入れ、「く」の字の二段15m弁天滝があらわれる。滝には白い光線があたり、瀑水は飛び跳ねている。二段5mのナメ滝をシャワー・クライミンングで越えると、しばらく流れは穏やかとなる。右岸から二段15mの滝が美しく懸かり、目を見張る。氷谷である。渓は水しぶきを上げる滝、ぬめったナメ、快適なナメ、ゴウロと変化していく。左岸からワサビ沢を迎い入れると"通らず"に逢着する。最初の二段15m滝は登れず右岸を高捲く。すると絵に描いたように"通らず"の渓が段を重ねて水しぶきを上げ、遙か上から二段50mの大滝を懸けている。この素晴らしい渓観にしばし見とれる。懸垂下降で佳境の淵に降り立ち、右岸をシャワーを浴びながら、へつり気味に登っていく。少し緊張する登攀だ。ふと見上げれば大滝がヒョングリの滝となって、水を飛散させている。肌寒さを感じ、左岸を高捲いていく。渓へ降りて行こうとすると正面に大きな滝が見える。エッー、まだこんな大きな滝があるのと思ったら、それは船小屋窪の出合に懸かる二段35m滝であった。右岸にはテントが5つくらい張れる素晴らしいビヴァーク・サイトがある。ここに泊まろうかと迷ったが、1時間ほど先のビヴァーク・サイトまで行こうと歩を進める。でも、結局10分くらい歩いた所に適当な場所があり、日も落ちてきたので、今宵のねぐらとする。秋の陽は釣瓶落とし。まだ4時だというのに昏れ始めている。夕食はビーフ・シチュー。それにしてもお酒がいっぱいある。500mLのボトルに日本酒、ウイスキー、ワイン、梅酒と何でも揃っている。飲めない私はチビリ・チビリと舐めている。サワグルミなどの樹が渓を覆い、星は良く見えない。でも中天に光る一等星は白鳥座のデネブであろう。この渓はあまり陽が射さないせいか薪は湿っている。しょっちゅう団扇であおいでいないと火が消えそうになる。それでも焚火は長時間続き、歌を唄ったり、山の話に花が咲く。近いうちに"奥秩父の貴婦人"と言われる入川・股ノ沢に行きたいねなどと話す。

 今日も天気は上々。自然と顔は綻ぶ。小気味良いナメが続く。三段15mの迫力ある滝を越えると、良く磨かれたナメ滝に出会う。大内さん、私と登っていく。後続の折笠さん、3mほど登ったところでスリップし、手をのばして止めようとした梅香さんを巻き込んで滝壺へと落ちていく。二人とも濡れ鼠となり、梅香さんが膝を軽く打ったようだが大事には至らず、遡行を続ける。小さなナメ滝があらわれ、左の壁をへつり気味に登っていく。先行の大内さんと折笠さんはアンザイレンし、途中のビレー・ポイントに来た時は3人がやっと立てるスペースしかない。後続の梅香さんは不安定な場所で長い時間待っている。3人が上に抜け、後続の梅香さんを待ったが、登って来ない。滑落したのではないかと思い、捲き道を下っていくと、梅香さんが登ってくる。掴まっていた灌木が岩から抜けて滑落し、足を捻挫したようだ。後日彼から届いた記録によれば、体はやや仰向けになりながら空を舞い、背中はザックから落ち、なんともなかったが、着地の瞬間に足を捻った。しばらくは激痛で動けなかったが、1分くらいジッとしているといくらか痛みが和らいでいったようだ。痛みはあるものの、骨折せず、腰を打たなかったことは幸いであった。
それからはややペースを落として遡っていく。
大崩壊した岩場を越えると、しばらく美しいナメ滝がつづく。三段8mの滝は右岸をへつるように2本のスリング垂れ下がっている。岩肌はツルツルに磨かれており、相当難しそうである。左の岩場を慎重に小さく捲き気味に登っていく。多段12mの滝を越えると源流の感じが漂う。緑の苔が渓を被い、いかにも奥秩父らしい。小滝やゴウロの中をしばらく歩いて行くと最後の大滝、三段25mに逢着する。最後の二俣は左へ入る。詰めは緑のモウセンゴケを敷きつめたような苔で被われたコメツガの幽林の中を縫っていく。変化に富んだ渓を遡り、森閑とした幽林の中に佇めば、心は安らぐ。午後1時、二瀬尾根に飛び出た。
コメツガの密林の中を和名倉山の頂を目指していく。赤布や赤テープを頼りに登って行くが、道らしくない道であり、何度も道を見失う。どこを向いても景色はあまり変わらない。このまま頂上を目指したいが、時刻も遅くなったので、あと40分ほどで頂上という地点から引き返した。沢を詰めた地点から、しばらくは歩き易い道が続く。振り返れば和名倉山が堂々と聳え、落葉樹はほんのりと色づき始めていた。やがて背丈を超す笹が延々と続くようになる。道幅は狭く、笹のトンネルを歩いているような感じだ。途中、沢を横切るところがあり、壊れた飯場がある。割れた酒瓶がいくつも転がっている。うっかりすると、そのまま谷筋に吸い込まれそうになる。暮れなずむ中で、しばらく道探しをする。梅香さんが飯場の少し下にある道を見つけ、所々にある赤いテープに導かれて下っていく。しばらく水平の道が続き歩き易くなったと思ったが、それも束の間、またもや笹藪に突入する。1369.4mの三角点は見晴らしが良く、大洞川を隔てて下の方に三峰神社の灯りが見える。秩父湖は530mだから、あと840m下らなければならない。ここで道はほぼ直角に折れ、懐中電灯を頼りに、東へと向かっていく。夜道は滑り易い。この頃より持病の血行障害が出てしまい、心臓がパクパクして苦しい下りとなる。つづら折りの道が延々と続く。最後に秩父湖の長い吊橋を渡る時は眼の前に黒い丸太のようなものが見えて、何度も顔にぶつかりそうになっては立ち止まる。でもそんな物があるはずがない。たぶん幻覚というものなのだろう。午後7時40分、秩父湖につき、タクシーで三峰口駅に向かった。秩父鉄道、西武鉄道ともに最終電車であった。
 和名倉沢は大規模な伐採がよくあそこまで修復したなあと感心した。しかし噂には聞いていたが、ゴミの多いのには驚いた。この沢は釣り人が多く入っており、彼らのモラルが問われるでしょう。奥秩父のかつての名渓を遡り、"通らず"から大滝にかけてのすばらしい眺めにも接し、変化に富んだ楽しい渓歩きができた。後で、大内さんも言っていましたが、あの時刻では尾根に出た後、そのまま二瀬尾根を下っても、午後の5時〜6時になってしまうので、往復2〜3時間もかかる頂上往復は無理であった。でも歩くのが憚れる素敵なコメツガの林立する苔の道を彷徨えたと思えば、それはそれで良かったのかとも思う。スタンスの細かい所では連なって登るのは危険だと反省しました。4人立てるスペースがなく、下の垂直に近い部分で両足つま先だけで長い時間待っていたことが滑落に繋がったものと思われた。

写真説明 :  上から
 二段15m弁天滝
 通らず
 二段50m大滝
 源流付近
写真撮影:大内さん

                            トップページ