日和田山・岩登り技術訓練


奥武蔵の山
登山日 2000年3月12日および18日
参加者 大内(CL)、折笠、山野
天 候 12日(小雨のち曇)、18日(晴)

トレーニング・プログラム(大内リーダー立案)

@セカンドまたはラストの位置でクライミングの練習
 岩と高度感に体を慣らすことと登ったあとのセルフビレイの処理
A下降(空中懸垂も含む)の練習
 エイト環とATCの違い
Bトップロープでのトップの確保とセルフビレイの処理
 実際にトップの落下をビレイする練習を含む
 エイト環とATCの違い
Cリードロープでのザイル送りと確保の練習
 セルフビレイの処理を含む
 実際にトップの落下をビレイする練習を含む
Dロックハンマーを使い、適切にハーケンを打つ、抜く
Eトップで登り、セルフビレイの処理とセカンドを確保する練習

* 感想*
今回の2日間の練習は岩登りのためではなく、今年の沢登りに向けての基本的な練習であった。練習目的を明確にして、一つ一つていねいに練習したと思う。2日間とも一番早くやってきて、帰りの時間は最後だったと思う。ザイル・パートナーとしての信頼関係が深められたように思われた。