日和田山・岩登り技術訓練


奥武蔵の山
登山日 1999年12月12日
参加者 大内、山野
天 候 晴

 岩のテッペンからは真っ白な富士山がのぞめた。岩登りの練習をするのは実に1年10ヶ月振り。その時は2ヶ月に4回訓練に通ったが、これだけブランクがあると前の練習が生きてこない。70才近いオジサン(軽業師)によれば、「岩登りはちょこちょこやって来ないと駄目。ブランクが大きいと駄目」との事。そう言えば、むかし「岩登りをやるなら、毎週のようにゲレンデで練習しなさい」と言われたのを思い出した。軽業師は市川から一人でやってきて、いろいろと話しているうちに、途中から私達の先生になってしまった。まあいろいろなことをコーチしていただき、授業料無料で実技講習を受けたようなもの。最初のうちは大内さんと4級くらいのルートを3本登った。その後、軽業師がリードするようになってからは垂壁又はオーバーハングの混在するルート(4〜5級)に4本も挑戦することになる。軽業師は垂壁又はオーバーハングをスイスイと登ってしまう。ボクは難しいところでは登るのに難渋し、途中リタイアしたりする。それでも、さすがは大内さん。軽業師のリードについていって、すべて登りきった。「フリーでオーバーハングをスイスイ登れるようになる」なんて、夢のような話。でも夢だけに終わらせたくないという気持ちもチョッピリはある。
 でも生まれて初めてはいたフラットソールは快適だった(今まではクレッターまたはウェイディングシューズ)。沢でヌルヌルの滝を登るのとは大違い。今回下降に初めてATCを使ったが、下降にはエイト環の方が使いやすかった。そして、トップをビレイする場合はATCが、セカンドをビレイする場合はエイト環が使い易かった。また軽業師によればフラットソールの靴ひもは、つま先は軽く締め、真中から上は強く締めるのが足を痛めず、しかも安定感があって良いとのことだった。
 ところで軽業師は労山の日和田アルパインクラブの人であった。実は日和田アルパインクラブは私が住んでいる新座市にあって、実はこの会の代表の方とちょっと縁があって、入会を奨められたことがあった。私は「沢登りはやるが、岩登りはあまりやらないので」と言って、そのままになっている。ところで軽業師は名前を聞いたが「名のるほどの者ではない」と言って、とうとう名のらなかった。
 一週間後に再び大内さんと日和田山にでかけた。8本くらいのルートを登り、少しずつ岩に慣れていく自分に快さを感じた。