そぼ降る雨の中・奥多摩・榧ノ木山・峰谷川・雨降川


奥多摩の沢
峰谷橋〜峰谷川・雨降川遡行〜榧ノ木山〜熱海

登山日 2000年6月17日
参加者 大内、折笠、山野
天候  曇のち雨
コース・タイム
奥多摩湖8:27-8:42峰谷・地震観測所9:12-10:25棚沢出合-10:45雨乞滝(30m大滝)11:10-12:00大滝上-12:50長久保沢出合13:05-14:55榧ノ木尾根-15:05榧ノ木山15:25-16:00倉戸山-17:00奥多摩湖・倉戸口バス停

 奥多摩の沢を軽装備で遡るというのは、解放的で楽しい。峰谷の地震観測所の脇が沢の出合であるが、伏流になっている。いくつかの小滝を戯れながら登っていくと、二段16mの滝が美しく懸かっている。直登は無理で、右岸から捲いていく。しばらく伐採で荒れた谷を遡る。やがて釜を持った6mの横向きの滝に出会う。私は右をヘツリ気味に、後続の二人は左から登る。小滝と釜がしばらく続き、やがてドーンと30mの大滝(雨乞滝)があらわれる。仄暗い雰囲気の中を水は勢いよくほとばしる。滝の前の大きな老木と新緑が滝とよく調和し、なかなかの風情だ。おいなりさんがとても美味しい。50分もかかって右側の枝尾根を大きく捲いていく。滝上にでた時は丁度12時だった。この上の10mの滝は水流の左壁をアンザイレンして攀じ登っていく。この頃から雨が降り出し、雨降川らしい情緒が漂ってくる。4mのノッペリとした滝をツッパリで越えると、二俣となる。右は大平沢で、左は長久保沢である。水量比は1:1であり、我々は沢床の高い長久保沢へ入っていく。ゴルジュ状の所を滝が連続する。すべて直登できる滝であり、楽しい。わさび田跡があらわれるようになると沢は源流の様相をしてくる。枯れ葉の詰まった窪を踏ん張りながら登り、詰めは左岸の枝尾根に逃げる。静かなる鬱蒼とした森で、ブナの木がいっぱいあって気持ちも和んでくる。木に触れれば水が滴っている。奥多摩湖のすぐ上にこんな素敵な森があるなんて夢のようだ。思いもしなかった素晴らしい贈り物に心はふるえる。頂らしくない不遇の榧ノ木山に登り、下りはブナやミズナラの茂る榧ノ木尾根を下っていく。ぬかるんで歩きにくい道だが、雨に濡れた樹々の茂りがとっても良い。ヤマガラやイカルの軽快な囀りが森中に響きわたっていく。倉戸山に向かう途中、ちょっとだけ落葉松林があり、フタリシズカがいっぱい咲いていた。
「雨降る雨降川は良かったね」とつぶやく。
      
      写真撮影:大内さん等