矢沢・軍刀利沢


奥多摩の沢
南郷〜軍刀利沢遡行〜生藤山〜軍刀利神社〜井戸

登山日 1997年11月8日
参加者 山野(CL)、山内、三留
天候  晴

 もう11月なので水量は少ない。ナメ滝や小滝を登って行くと8mのナメ滝に出会う。左の壁を登って行く。やがて二段10m滝が行く手をふさぐ。すべすべで水の勢いもある。どこかのパーティがトップ・ロープで登る練習をしている。ここは左岸を高捲く。ゴルジュの中に5mほどの滝が2つ続く。いずれも左側を登る。上の滝は狭苦しい所で手足を側壁に突っ張って登るので衣服が濡れる。やがて7mほどの滝があらわれ、アンザイレンして右壁を直登する。細長い淵をへつると、10mの大滝があらわれる。例のパーティはここでもトップ・ロープでヌルヌルとした滝を登っている。源流近くで、沢は何回となく枝分かれするが、磁石で確かめながら、本流を遡って行く。最後は泥壁を登りきると、三国峠あたりにでる。暖かい陽射しを受けて楽しい昼食をとる。ちょっと登ると990m生藤山の頂に着く。山は秋色に染まっており、富士山の眺めが良い。下りは軍刀利神社への道を選ぶ。奥の院にはカツラの大木が聳え立っている。軍刀利沢は短い流れの中に結構多くの滝があり、楽しい沢である。