日原川・小川谷・犬麦谷


奥多摩の沢
日原〜犬麦谷出合〜二俣(左俣に入る)〜10mの滝〜ゴンバ尾根上部〜七跳山の下〜三ツドッケ下〜日原

登山日 1978年6月24日〜6月25日
参加者 山野(CL)、内藤、西川
コース・タイム
 ○6月24日(曇) 
新宿7:50-10:00奥多摩10:30(タクシー)-11:00日原
 ○6月25日(雨のち曇のち雨) 
日原5:52-7:12犬麦谷出合7:30-8:00二俣(左俣に入る)-10:50、10mの滝上-11:00最後の二俣11:40(右へ入り引き返す)-12:25最後の二俣(左へ入る)-13:00ゴンバ尾根上部13:10-13:20七跳山の下-13:50ハナド岩-14:00三ツドッケ下(カロー川林道)-16:00日原-16:20東日原16:50(タクシー)-17:08奥多摩

 犬麦谷は昨年行く予定であったが、犬麦林道が沢の途中を横断しており、沢筋が崩れているのではないかと心配し、入渓するのを見合わせた沢である。しかし、入渓してみるとタツマノ大滝、モリノ窪瀑流帯は壊されずに残っており、快適な遡行をすることができた。犬麦谷は昨年遡行した滝谷と並び、小川谷支流における遡行価値のすぐれた沢である。
 夜、東京を発ち、奥多摩からはタクシーで日原まで入り、夜はバス停の屋根の下で寝る。
 朝起きると小雨が降っている。でも小川谷林道を歩いているうちに雨はあがってくる。最初は堰堤があったりして興しろくないが、左俣へ入り、犬麦谷林道の橋を潜り抜けると俄然身が引き締まってくる。最初の滝(15m)を右手より高巻くと落差50mもあるタツマノ大滝が出現する。奥多摩随一の落差とスケールを誇るだけあって実に見事な滝である。右手の脆い岩場を慎重に高巻いて行く。大滝の上からは苔でおおわれたゴルジュの中に大小約30もの滝が連なる"モリノ窪瀑流帯"に入り込む。
 息つくひまを与えずに滝が連続し、そのいずれもが直登でき小気味良い遡行が続く。やがて瀑流帯の中央部に幅広の10mほどの滝が出現し、行手を阻む。水の勢いが強くとても直登はできないので左岸を巻いて行く。滝上からはさらにゴルジュが続き水線に沿って快調に遡って行く。瀑流帯の最後にはチョックストンのある10mの滝がある。アンザイレンし、左側から細かいホールドを伝って登り、落口近くでチョックストンの下を右側ヘトラバースし、滝の上に出る。トラバースするところには2本の残置ハーケンがあり、これを利用させてもらう。この滝を乗越すと苔のびっしりとついた気持ちの良いナメ状の滝が続くが、フリクションをきかせてスイスイと登って行く。やがて二俣となり、再び雨が降り始めると遡行も終了する。
付近ではコマドリやメボソムシクイが爽やかにさえずっている。昼食後、右俣のクマザサを漕いで行くが茂りがひどく、引き返して左俣のクマザサを漕いで行く。30分ほどでゴンバ尾根上部に出る。雨の降る中を七跳山からハナド岩を経てカロー川林道を足速やに下って行く。