日原川・唐松谷


奥多摩の沢
東日原〜唐松谷遡行〜ブナ坂〜小袖川

登山日 1978年7月29〜30日
参加者 単独
コース・タイム
○7月29日(晴)
志村坂上20:25-21:55立川22:30-23:35奥多摩(バス停、泊)
○7月30日(晴)
奥多摩6:50-(バス)7:23東日原-(途中車に乗せてもらう)7:54天祖山登山口付近-8:05己ノ戸谷出合-8:20日陰名栗沢出合-8:25名栗沢橋-8:48唐松谷下降点-8:55唐松谷出合9:17-11:15大滝の上11:38-12:25イモリ谷出合-13:25片木窪出合付近(遡行終了)13:50-14:45ブナ坂14:53-17:00小袖川17:25-18:00奥多摩18:12-20:30新宿

前半は野陣ノ滝、大滝などがゴルジュの中を水しぶきを上げて薙落ちており、迫力ある光景をもっていた。後半は幽寂とした林の中を水が滔々と流れ、釜は美しく、岩肌はびっしりと翠の苔でおおわれていた。上流は小川のせせらぎが快い。ひとりきりの静かな遡行であった。