晩秋の奥多摩・川苔山

                        曲は Warm Afternoon


奥多摩の山・東京都の山

川乗橋〜川苔谷林道〜百尋の滝〜川苔山〜赤杭尾根〜古里駅
登山日 2008年11月20日
参加者 単独

天候  晴
コース・タイム
奥多摩駅8:10(バス)-川乗橋8:25-9:05細倉橋9:10一10:00百尋の滝10:25-11:08足毛岩コースとの分岐-11:55川苔山12:40-14:27赤杭山-15:00川井駅コースとの分岐-15:40古里駅

 川苔山に最初に登ったのは、本仁田山コースで、1979年の2月だから、かれこれ30年も前のことだ。その後、川苔谷・逆川を2回遡行しているが、頂上は踏んでいない。先週、蕎麦粒山の帰りに歩いた川苔谷林道を、今日は登って行く。細倉橋から川苔谷沿いの道に入る。いくつかの滝、釜、淵を見ながら秋色染まる渓谷を楽しむ。落葉が積もっているので、滑らないように慎重に歩いていく。やがて百尋の滝40Mにつく。先週、林道の上から見た時のような紅葉はないが、間近で見ると見応えがある。ここからはやや急なつづれ折れの杉林を登っていく。一定間隔でたくさんの巣箱が木にかかっている。火打石谷、横ヶ谷を渡り、足毛岩コースとの分岐を右に見送り、緩やかな横ヶ谷に沿った道をしばらく進んでいく。小尾根を少し登ると稜線に出、落葉樹の広い道を登ると、平らな川苔山の山頂1363Mに着いた。百尋の滝から休憩なしの90分の登高であった。山頂からの見晴らしはとてもよい。先週登った蕎麦粒山、それに天目山、石尾根と雲取山、大菩薩連嶺、三頭山、その奥に雪化粧した富士山、御前山、大岳山、遠く丹沢山塊等々。遠く真北の上州武尊山の方角には白雪の山の連なりを望むことができた。45分ほど山頂にいたが、吹く風も冷たくなってきたので、下山する。下りは赤杭尾根コースを選ぶ。しばらくは広い道で、大岳山や御前山等を見ながら、のんびりと下っていく。杉林となると、一転して暗い急降下の歩きにくい道となる。木に塗りつけられた白ペンキに導かれて20分ほど下ると、明るい平坦な道になり、ほっとする。赤杭山から古里への道は、時々落葉樹の紅葉も見ることができるが、概ね杉や檜の植林の道であった。


     写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

                   オリンパス E-500 _ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6で撮影