小坂志川本流


奥多摩の沢
笹平〜小坂志川本流遡行〜連行山〜柏木野

登山日 2008年9月9日
参加者 単独
天候  晴
コース・タイム
武蔵五日市(バス)7:43-8:17笹平-9:05小坂志川林道・通行止(入渓点)9:40-12:00二俣-13:10沢の上部(昼食)13:25-13:55源頭-14:25連行山14:35-16:15柏木野バス停

 久し振りに奥多摩の沢の本を読んでいたら、急に沢登りがしたくなった。何せ2年ほど沢登りから遠ざかっているので、無理なく登れる沢ということで小坂志川本流を選ぶ。できればパーティを組んで遡行したかったが、単独で入ることにした。若い頃には単独での沢登りを何度か行っているが、頻繁に沢登りをしていた2000年前後でも、ひとりで沢に入ることはなかった。それは何度か怖い目にあっているからである。でも一度決めた気持ちを抑えることはできず、入渓することにした。
 念のため30ミリ・ロープを持ってでかける。小坂志川へ入るのは2001年の11月以来である。その時は職場の仲間3人で、支流のウルシヶ谷沢右俣を遡行し、市道山へ突き上げた。葉は緑、黄、赤褐色とどれもが淡く彩られ、奥多摩のやわらかな秋の調べの中を歩くことができた。武蔵五日市駅から数馬行きのバスに乗車し、笹平で下車する。小坂志川林道で出会った3人パーティは支流の湯場ノ沢を遡行するとのことであった。50分ほどの林道歩きで、通行止に出た。ここから入渓すればいいのに、その先にも林道が続いていたので、上へと行ってしまう。林道は本流から離れて行ってしまうので、おかしいと思い通行止まで戻る。
 若干時間をロスしたが、9時40分に本流に入渓する。渓相は穏やかだが、少し暗い感じがする。しばらくするとミニゴルジュとなり、へつりも楽しい。もう最後の沢登りになるかもしれないとの思いを抱いて遡行する。そうすると過去の数々の遡行が思い出されてきたりする。「東京周辺の沢」を読むと、ワイワイガヤガヤと楽しむ沢と書かれている。誰とも会わず、一人しみじみと歩くのは似つかわしくないような気もした。



3mの滝。  釜がやや深く、水中スタンスをうまく拾って、
傾いた右壁を掴みながら、へつり気味に滝にとりついた。
このデジカメ、久し振りに使ったら、手振れ写真が多かった。谷が暗かったせいも
あるが、帰宅後ISO感度を調べたら64に設定されていた。

この先にも高さは低いが、面白い滝がある。ナメや小滝と戯れながら遡り、12時
に二俣にでる。
右俣に入る。


二俣から少し遡ると6mトイ状の滝に出会う。
水流の左壁を登っていく。中段はぬめっていて滑りやすそうだったので、
少しクライムダウンし、水流に入る。シャワーが冷たい。
途中で右壁に移動し、直上して滝上にでた。
この上に多段6mの滝があるが、容易に越せた。



5mの滝。  水流の右壁を登る。

この先は滝らしい滝もなくなり、源頭近くで昼食をとる。
この沢は釣り人があまり入らないらしく、ゴミは一つも落ちていなかった。
源頭から稜線への道は土壁の崩れやすい急登であった。

連行山からは万六尾根を下る。杉林の中の鬱蒼とした道である。
皆伐され、落葉樹はほとんどない。あまり歩かれていないらしく、
葉が覆い被さっている。入渓点で水筒を忘れてきたらしく、水の
補給なしでの下降となった。

                             OLYMPUS CAMEDIA C770 Ultra Zoomで撮影。