北秋川・神戸川・クドレ沢右俣から大岳山


奥多摩の沢
北秋川・神戸川・クドレ沢右俣遡行〜大岳山〜鋸山〜奥多摩駅

登山日 2000年11月18日
参加者 大内、山野
天候  晴
コース・タイム
武蔵五日市8:10-(タクシー)8:28神戸岩-8:45クドレ沢出合9:07-9:48二俣10:08-10:35関門ノ滝11:10-11:45大滝、二段20m-12:45大滝の上-13:05二段12mナメ(昼食)13:28-14:10稜線1140m地点-14:42大岳山15:00-15:50鋸山-16:50天聖神社-17:42奥多摩駅

 武蔵五日市駅から神戸岩までタクシーで入る。トンネルをくぐり抜け、5分ほどでクドレ沢に落ち合う。仕事道を少し歩いてから入渓する。平凡な沢筋をしばらく遡っていくと左岸から沢が注入する。この沢が右俣かと思い少し遡ったが、どうも雰囲気がおかしい。下って、本流をわずかに遡ると本当の二俣に出会い、右俣へと入る。しばらくは伏流となっており、いくつもの涸棚を次々と越えていく。沢幅は狭く、急峻である。やがてクドレ沢の第一のポイントである関門の滝につく。下段6mは右側から細かいホールドを拾って登っていく。上段の5mクラックは今回初持参の大きめのナッツを使って大内さんのリードで登る。強引な登りを強いられた悪いクラックだった。ホッと一息をつき、上を見れば紅葉が青空の中に美しく映えている。沢はゴルジュ状となり、8mのナメ滝が懸かる。落ち葉が降り積もり、その上滑りやすい。やがて二段20mの大滝に逢着する。滝はかぶっており、滝の中段で五郎ノ沢が合流している。ちょっと珍しい眺めの滝である。直登はかなり難しそうだ。右手のルンゼからさらに右の小尾根へと大きく高捲いていく。古い仕事道があると言われているが、それらしき道は見あたらない。何だか大きく捲き過ぎるているように思えたが、先頭の大内さんはどんどん上へと攀じ登っていく。五郎ノ沢を横断し、クドレ沢に戻った時は1時間もの時間を費やしていた。降りた所はほぼ同じ水量の二俣であり、地形図から判断して左俣を選ぶ。二段12mのナメの所で昼食をとる。渓は静寂そのもの。赤や黄や橙に染まった葉は秋の陽射しを受けて輝いている。秋が幸せをはこんでいる。ここからは小滝が連なり、どの滝も直登でき楽しい。詰めは急峻であり、息をハアハアさせながら登っていく。稜線に出てから20分ほど登ると大岳山1267mにつく。南には奥多摩の山々が墨絵のように連なっている。
 もう時計は3時を差している。御岳山経由だと1.5時間で下れるが、鋸尾根経由だと奥多摩駅まで3時間かかる。秋の日は釣瓶落とし、どちらにするか相談する。大内さんの一言「クドレ沢のクラックを登って、最後の着地が御岳山のケーブルカーじゃ格好が悪い」で、鋸尾根の下降に決まる。「ああ、今日もまたフィナーレはヘッドランプだね」愁色の漂う林の中を、落ち葉を踏みながら、足速やに下っていく。前方には御前山が悠揚と聳え、右手遠くには川苔山や六ツ石山がのぞまれる。鋸山の下りは急であり、所々が岩場になっている。天聖神社のあたりで暗くなる。石像が二つ並んでおり、山での無事を祈願する。ヘッドランプをつけて杉林の中をつづら折りに下っていく。