六ツ石山から水根山

  曲はTender Lullaby

奥多摩の山
奥多摩駅〜水根〜六ツ石山登山口〜六ツ石山1479M〜水根山1620M〜榧ノ木山1485M〜倉戸口バス停〜奥多摩駅

登山日 2004年11月17日
参加者 単独
天候  晴
コース・タイム
 奥多摩駅(タクシー)7:25-7:37六ツ石山登山口-10:30六ツ石山10:40-12:10水根山-12:15倉戸山分岐12:30-14:03倉戸山14:10-15:03倉戸口バス停

山では落葉樹も葉が落ち、晩秋となった。とはいえ落葉樹の道を歩きたいと思うのは何故なのだろうか。一番バスの発車までには、まだ40分ほどある。たまたまタクシーが停まっていたので、ちょっと奮発して水根の六ツ石山登山口まで乗ってゆく。30年以上も昔の秋に、六ツ石山へは雲取山の下山の時に立ち寄ったことはあるが、登るのは今回が初めてである。最初からつづら折の急坂が延々とつづく。暗い杉林を歩くこと約1時間で、ようやく落葉樹が現れる。それも束の間であり、再び1時間弱の間杉林の中を歩く。杉林を抜け落葉樹の林に入ると明るくなりほっとする。葉はほとんど落ち、わずかに残った葉が色づいている。背後には三頭山や御前山が大きく聳え立っている。ミズナラ、ブナ、ハウチワカエデ等が混交している。やがてカラマツが現れ、道は左に折れてゆく。道幅は広く、落ち葉の積もる中を歩いてゆく。碧空のもと奥多摩や大菩薩連嶺の山々が浮かんでいる。西空の遠くには雪を被った南アルプスの山々も望まれた。白峰三山の一角だろうか。山頂には誰もいない。おにぎりが美味しい。こんな日を『小春日和』というのだろうか。ここから水根山にかけては緩やかなアップダウンを繰り返しながら登ってゆく。落葉樹に囲まれた散歩道だ。右手には日原川を隔てて長沢背稜が連なっている。城山とよばれるあたりは、ミズナラ、クリ、ブナ等の巨木があり、気持ちのいいところだ。いま朝の連続テレビ小説で『わかば』が放映され、その中で、おばあちゃんの「人生、生きちょるだけで丸儲け」というセリフが時々とびだす。新緑や紅葉の頃は素敵なところだと思う。でも、ふかふかとした落ち葉の上にすわってコーヒーを飲んでいると幸せでいっぱいになる。「人生、山に居ちょるだけで丸儲け」と思ってしまう。水根山の頂上で自転車に乗った若者とすれちがう。落ち葉の中では走りにくいのではと思ったりする。水根山から5分も下ると倉戸山への分岐点につく。ここは今年の8月に日原川の鷹ノ巣谷を遡った時に詰め上げたところである。おにぎりとおいなりさんを食べてからゆっくりと下山する。南の方角には雪を被った富士山がまばゆく浮かんでいる。倉戸山への道は緩やかで歩きやすい。コメツガやヒノキ林はほんのわずかで、じきに落葉樹の林となる。葉は落ちてしまっているものの、ミズナラやブナ等の落葉樹が生い茂るすばらしい道である。降り積もる落ち葉のクッションが気持ちいい。あまりにも静かなので、時々歌を口ずさんだりする。榧ノ木山と倉戸山の間は私のお気に入りの場所である。右下の峰谷川・雨降川を詰め上げた時に辿りつくところが榧ノ木山である。倉戸山ではアメリカ人らしき二人連れに会う。現在地が良くわからないようである。英語で書かれた解説書は持っているが、地形図を持っていない。地形図を広げて、現在地と周辺の山の説明をする。カタコトの英語でも通じたようで、「ありがとう」と感謝されて別れた。

    

        六ツ石山の登り                      南アルプスを望む

  

                                       六ツ石山〜城山

      

           ダケカンバ                     城山付近のブナ                              

                水根山直下から富士山を望む

  

          城山付近                     榧ノ木山〜倉戸山

  

  

                                        奥多摩湖