日原川・川苔谷・逆川


奥多摩の沢
奥多摩駅〜日原川・川苔谷・逆川遡行〜ウスバ林道〜鳩ノ巣

登山日 2001年9月22日
参加者 山野(CL)、遠藤
天候  晴
コース・タイム
川乗橋8:40-下降点9:15-9:20入渓点10:00-13:40大ダワ沢出合14:27-15:15、10m大滝15:50-16:00ウスバ林道16:30-17:50鳩ノ巣

 当初の予定では、今日は一泊二日の予定で、奥秩父・滝川・豆焼沢へ行く予定であった。けれども一人欠け、二人欠け、豆焼沢は中止ととなる。そこで日帰りで行ける逆川へ行くことになる。三年前の夏、職場の山岳部の仲間6名と遡行したが、途中でIさんが5mほど滑落し、目の上を裂傷し気絶するという事故があった。幸い大事には至らず、自力下山することができた。そんなことがあったので、心のひっかかりを除くためにも、再度チャレンジしたいと思っていた。昨日から降り続いた雨が今朝の4時頃にようやく止む。寒気団が日本の上空をおおっていて、10月の下旬の気温ということで、ひんやりとしている。秋の大雨や昨日来の雨で水量は多い。最初の二段10m滝は登ろうと滝に近づくが、上下とも水量が激しくとても直登できそうにない。左岸から高捲く。しばらくナメ滝や小滝を水と戯れながら遡っていく。木々の茂りが濃く、渓は暗い感じがする。でも透き間からのぞく空は晴れている。釜を抱いた連続する小滝は真夏ならジャブジャブと水に浸かって登攀を試みると楽しい所だろう。左岸をトラヴァースする所はスタンスが細かくて、うまく沢床に着地することができない。引き返し、高捲きしすぎて懸垂下降する。シャワーを浴びながらツッパリで登り、その上の大きな釜を持つ4m滝は左壁をトラヴァース気味に登っていく。岩が頭上にかぶさり、かがむようにしてトラヴァースする。幸い残置のハーケンがあり心強い。しばらくナメやナメ滝が続き、心地良く遡っていくと大ダワ沢が左岸から注入する。ここでポタージュ・スープで暖まりながら昼食をとる。渓はあくまでも静かであり、憩らぎに時のたつのを忘れてしまう。三段10m滝の一番上は水量が少なければツッパリで登れそうだが、今日は水が勢いよく流れているため右壁から越えていく。ウスバ林道直下の10m滝は普段はおしめり程度の右壁を登るようだが、今日は滝のように水が流れている。カッパを着込み途中まで登攀を試みるが、シャワーで目をあけることができず退却する。ウスバ林道の上にも沢は続くが、時間的にも遅くなったので、鳩ノ巣へとつづく林道を下っていく。ススキが穂を連ね、前方南には大岳山が望まれた。夕べの空に霞む山々の連なりが美しい。
   
二段10m滝(上段7m、下段3m)

   ウスバ林道直下の10m滝