晩秋の奥多摩・蕎麦粒山

                        曲は Warm Afternoon


奥多摩の山・東京都の山・埼玉県の山

東日原〜一杯水避難小屋〜仙元峠〜蕎麦粒山〜川苔谷林道〜川乗橋
登山日 2008年11月14日
参加者 単独

天候  晴
コース・タイム
奥多摩駅8:10(バス)-東日原8:40-11:25一杯水避難小屋11:30-12:35仙元峠-13:00蕎麦粒山(1473M)13:15-14:00川苔谷林道-14:15ヘリポート-15:25細倉橋-16:05川乗橋

 東日原のバス停から中日原の方向へ少し行くと、登山口の標識がある。1時間ほど暗い杉林の中の急登が続く。やがて落葉樹がでてきてほっとする。紅葉が青い空に映えて気持ちがいい。前回、このヨコスズ尾根を歩いたのは2000年5月であり、その時は新緑の中で野鳥がいっぱい囀っていた。道の西側はミズナラ等の落葉樹であるが、東側は杉林と明暗を分けている。道の両側が落葉樹となると葉は大分落ち、道は緩やかとなり、川苔山や大岳山等が見えてくる。道も痩せてきて、落ち葉に足を滑らすと危険である。この尾根も上部になるとブナやミズナラの大木もでてくる。2時間45分ののんびりとした登高で一杯水避難小屋についた。綺麗な避難小屋で寝具も若干おかれていた。
 小屋からは檜の道がしばらく続き、やがてブナが現れてくる。北側はブナ等の落葉樹であるが、南側は植林された檜林と、ここでもアンバランスな風景が展開する。南面が落葉樹となる時に、樹間からは雪化粧した富士山が望まれた。そして仙元峠直下では少しまとまったブナの原生林を見ることができた。昔、この峠は秩父と多摩を結ぶ唯一の峠で、水の源の峠ということで、仙元峠と名付けられたようである。秩父側への登山道として仙元尾根が北にのびている。13時、蕎麦粒山(1473M)につく。珍しく一人の若者がいた。
 下りは川苔谷林道へと向かう。急坂を10分ほど下ると、右手にテープの巻かれた木があり、細々とした道を6分ほど下ると登山道にでる。左へ2分ほど歩くと三叉路に出、川苔谷林道への道を下っていく。急峻な暗い檜林の中を30分ほど下ると林道に出会う。最後、林道にでる所は小さな崖で、細引きが欲しいなあと思っていたら、幸いにも鉄のロープがぶらさがっており、これを利用して林道に降り立つことができた。秋の日は短い。午後も2時半ともなると、吹く風もひんやりとしてくる。見事に落下する百尋の滝も林道の上から俯瞰することができた。逆川出合付近ではミソサザイを見かけた。林道歩きは少々長かったが、秋色に染まる風景を楽しみながらゆっくりと下って行った。


     写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

                   オリンパス E-500 _ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6で撮影