日原川・鷹ノ巣谷


  曲はTwinkle Snow

奥多摩の沢・東京都の山
日原〜鷹ノ巣谷遡行〜金左小屋窪〜鷹ノ巣山〜稲村岩〜日原


登山日 2004年8月22日
参加者 2名
天候  曇のち雨
コース・タイム
 奥多摩駅7:55(タクシー)-8:15中日原-8:25鷹ノ巣谷出合8:45-10:00くの字の滝-11:10、20m大滝上-11:15水ノ戸沢出合-12:05金左小屋窪・連瀑帯(昼食)12:28-13:10奥の二俣-14:30登山道14:55-15:15鷹ノ巣山-16:55稲村岩-17:55東日原

当初、22〜23日にかけて三人で那須の苦土川・井戸沢に行く予定であったが、23日の天気予報が雨のため、急遽予定を変更し、日帰り可能な奥多摩の鷹ノ巣谷に入った。大きな滝は一つだけであったが、直登できる滝が適度にあって、楽しい遡行であった。

  
    

           くの字の滝                             20m大滝                                    

小ゴルジュの中にある「くの字」の滝は水量が多かったため、ロープがフィックスされた右壁を攀じ登る。20m大滝はアンザイレンして、ホールド豊かな右壁を直登する。5mほど登ったところに残置ハーケンが、滝上にボルトがあった。
  
  

    シャワークライミング・金左小屋窪の中の滝    登山道に出た所にはマルバダケブキが咲いていた

金左小屋窪・奥の二俣は出合が伏流となっている右俣に入る。途中から磁石が北に指すようになったため、左の枝尾根を越えて、枝沢に入る。この沢は緩やかで、途中に東京都水道局の標識板があった。上部は踏跡があり、5分ほどの藪漕ぎで鷹ノ巣山と水根山の間の登山道にでた。間もなくして小雨が降ってきた。鷹ノ巣山からは稲村岩尾根を下った。うれしいことに、奥多摩ではめずらしいブナが多い道であった。