紅葉の奥多摩・鷹ノ巣山から六ツ石山
  曲は One day in Autumn

奥多摩の山・東京都の山

峰谷〜浅間尾根〜鷹ノ巣山〜水根山〜六ツ石山〜奥多摩駅

登山日 2005年11月2日

参加者 2名

天候  晴

コース・タイム

奧8:40-登山口8:47-9:10浅間神社-11:35鷹ノ巣山(昼食)12:03-13:30六ツ石山13:40-14:53奥多摩駅

峰谷から奧集落まではタクシ-で行く。タクシーの運ちゃんが熊の話等をしてくれる。その話によると、6、7年前に、集落の方が農作業中に熊に襲われ亡くなられたという。しかもその熊は長野県の軽井沢で捕獲し、ここに放たれた熊だという。地元の方は熊が放たれたことを知らなかったらしい。そうですよね。知っていたら、反対するでしょうしね。鷹ノ巣山の登山口には「熊に注意」の立て札が掲げられている。登り始めると、直に浅間神社の鳥居がある。しばらく行くと今は使われていない神社がある。40分ほど杉林の中の単調な急登を歩む。落葉樹の林になると豁然と明るくなる。ミズナラ、ブナ、カエデ類の紅葉が碧い空に映え、さわやかな気持ちとなる。なんだか今年一番の紅葉に出会えたような気がする。シジュウカラやカケスがさかんに鳴いている。心やすらぐ秋模様のトンネルの中をゆっくりと歩んで行く。この時期、紅葉の最も美しいところは標高1350〜1550Mのところであった。2時間ほどの浅間(せんげん)尾根の登高で、鷹ノ巣山・避難小屋に着いた。まだ新しく立派な避難小屋だ。ここからは広い尾根道となる。秋晴れの中、鷹ノ巣山の頂上からの景色は実にいい。間近には三頭山、御前山、大岳山が大きく聳える。南南西の方角にはわずかに雪を被った富士山が気高く浮かんでいる。大菩薩や奥秩父の山の向こうには八ヶ岳や南アルプスの山々が延べ連なっている。

六ツ石山へと続く石尾根の下りは道幅が広く、落ち葉の絨毯の中を歩く。
「さらさらさら・・・」秋のうたが聞こえてくる。
スキー好きのOさんはスキーに格好のスロープだという。水根山、城山、将門馬場(まさかどばんば)と素敵な秋の散歩道がつづく。とくに城山あたりの落葉樹の巨木は実に見事である。六ツ石山からは正面に御前山を見ながら、奥多摩駅へと下って行く。

              写真はこちら