コノハズクとトラツグミが鳴き続けた
日原川・小川谷・滝谷の夜


奥多摩の沢
日原〜三又滝谷出合〜下ッ滝〜上ッ滝〜長沢背稜〜酉谷小屋〜三又〜日原

登山日 1977年7月30日〜31日
参加者 山野(CL)、西川、若宮
コースタイム
 ○7月30日
新宿9:27-11:35奥多摩12:20(バス)-12:55日原13:12-13:43カロー谷出合-14:23滝上谷出合-14:50犬麦谷出合15:20-15:43犬麦谷林道分岐-15:47キャンプ地
 ○7月31日
キャンプ地6:25-6:36三又滝谷出合-8:00下ッ滝-8:15両門の滝-8:36上ッ滝9:00-10:40上ッ滝の上-11:40、10mの滝の下-12:03同滝の上-12:20二俣13:20-13:52長沢背稜-14:32酉谷小屋-15:07旧酉谷小屋-15:40三又-16:00キャンプ地16:50-17:15犬麦谷出合17:35-18:00滝上谷出合-18:34カロー谷出合-19:05日原

 少年時代を多摩川のふれあいの中で育ってきた私にとって、多摩川は懐かしい想い出をいっぱい包みこんでいる。少年時代の多摩川の岸辺には私の家の畑があって、とうもろこしや野菜などをつくっていて、川ではよくしじみとりをした。そしてヒバリがいっぱい舞い上がっていたのを今でもよく憶えている。私にとって多摩川と奥多摩や奥秩父の山は切っても切り離せない何かがある。青梅線に揺られながら、また多摩川の源流を遡りながら、感慨に心をうたれることも多い。

7月30日(晴)
 梅雨が明け、陽射しが強い。小川谷左岸につけられた林道を歩いて行く。林道は犬麦谷上部へとうねっている。犬麦谷林道と別れ、少し先へ進んだ小さな台地にテントを設営する。薪を燃やし、ナスを焼き、生姜醤油をつけて食べる。ヨタカの鳴き声とともに陽は沈み、涼しい夜となる。

7月31日(晴)
 深夜、眼を醒ますとコノハズクとトラツグミがしきりに鳴いており、気にかかる。コノハズクは深い森の中で鳴く夜鳴鳥である。「ヒョーヒョーヒョー」と鳴くトラツグミは何となく無気味だ。
6時25分にキャンプ地を発つ。ここからは深々とした樹々の林立する暗い道である。10分ほどで三又滝谷出合に着く。出合には平坦なキャンプ地がある。しばらく平凡な遡行が続くが、1時間半ほどで激しい飛沫をあげて落下する下ッ滝(20m)に着く。直登はとても無理なので左手のスズ竹の中を踏跡に導びかれて高巻いて行く。すぐに連なる両門の滝は右俣が本流であり、直登する。しばらく行くと三段25mの上ッ滝に出合う。ここでアンザイレンする。瀑身の右手を5〜6m登ったのち、灌木帯を右へ10mほど行き、突きあたりで一枚岩を乗越す。ここには残置ハーケンがあり、後続を確保する。この上は階段上の岩場であるが、上段の釜のあたりが多少悪い。しかしハーケンが3本連打されており、比較的楽に落口に立つ。この滝の巻き道は左側のスズ竹の中にある。しばらく美しい小滝がいくつか続き、岩肌は苔でおおわれ、頭上にはカエデが緑に茂っている。やがて8mのチョックストンを持つ胎内滝に着く。西川君は長い手足のリーチを利かしてスルスルと登って行く。若宮さんと私は手足短かく何んとなく不安なので右岸を巻いて行く。この先の10mの滝も右岸を巻く。滝上からは水の流れは緩やかになる。岩肌は苔でおおわれ、太古の香りのする静かな遡行が続く。浅緑色の樹々が沢を覆いかぶせるように生い茂り、コマドリやメボソムシクイが谷間をこだまする。上部二俣で流しソーメンを食べ、しばらく遡ると長沢背稜に出る。道端にはホタルブクロとソバナがたくさん咲いている。ホトトギスが時折叫び、浅緑色の樹々は新緑のように輝やいている。16時キャンプ地に着き、テントを撤収し林道をのんびりと下る。


**************************

ボクの好きな「かぐや姫」の"うちのお父さん"という歌がある。

あせをかいたので ひとやすみー まきわりはつかれますね おとうさんー
もうすぐひがくれる からすがとんでゆく いちばんぼしが ひかるまで
もうひとがんばりー あせをふいて おちゃをのんで こしをのばせば
おとうさん にっこりわらう にっこりわらう あしたてんきになーれー

かぐや姫や南こうせつの歌には心温まる歌が多い。「何故かぐや姫というグループ名なのですか」という質問に「失われつつある日本の美を、今ここに求めてつけた名前です」とこたえていた。たしかに失われつつあるとはいえ、日本には幽邃な森林と渓谷が数多くある。身近なところを含め、これから生まれてくる子供たちのためにも、このかけがえのない自然をだいじに守り、育んでいきたいと思う。