新緑の奥多摩・小川谷・滝上谷・大栗窪


奥多摩の沢
東日原〜日原川・小川谷・滝上谷遡行〜大栗窪遡行〜ハナド岩〜一杯水〜ヨコスズ尾根〜東日原

登山日 2000年5月5日
参加者 大内、折笠、山野
天候  晴
コース・タイム
東日原9:25-10:35滝上谷出合(滝上橋)11:05-13:25大栗窪出合(二俣)-14:10奥の二俣14:40-16:10ハナド岩16:40-17:05一杯水(三ツドッケ)-ヨコスズ尾根-18:20東日原

 今日は子供の日。子供のような気分で水遊びといこう。空はこよなく碧く、ナラの新緑がみずみずしい。赤紫のミツバツツジが浅緑の中に美しく映える。渓流ではキセキレイが尾を振って愛嬌をふりまく。小滝をいくつか越えていくと、二段10m大小屋ノ滝があらわれる。右手からとりつく。見ためはそんなに難しそうでなかったが、いざとりついてみるとヌルヌルして滑りやすい。ハーケンと残置スリングの力を借りてなんとか登りきる。上段の滝は強烈なシャワーを浴び、最後はハング気味のホールドの少ない岩を乗っ越す。ヤレヤレ大変な滝であった。ゴーロ歩き、小滝とポカポカ陽気の中をのんびりと遡っていく。びしょ濡れの衣服もたちまちのうちに乾いてしまう。右岸の崖にはカモシカが立ちどまって、こちらをうかがっている。大栗窪に入り、しばらくいくと二段10m滝があらわれる。大内さんと折笠さんは左を、私は右を登っていく。途中でつまってしまい、上からお助け紐を出してもらう。奥の二俣で昼食休憩する。その後はほとんど水は涸れ、フラットソールがあると格好の岩登り練習ができるような岩場が続く。我々はウェイディング・シューズで涸滝を登っていく。2度ほどアンザイレンし、けっこう楽しい登りだった。ツメは笹藪を漕いでいき、けもの道を辿っていくとハナド岩に出た。滝上谷は小さな谷ではあるが、緊張する滝もけっこうあって楽しい遡行ができた。下りは西日を受けながらヨコスズ尾根を下降する。沢山の野鳥が春の嬉びを唄い続け、とても賑やかだった。
    
      
  大小屋の滝・右側を登る             ニホンカモシカとご対面

                  写真撮影:大内さん