晩秋の小坂志川・ウルシヶ谷沢右俣


奥多摩の沢
笹平〜小坂志川・ウルシヶ谷沢右俣遡行〜市道山〜笹平

登山日 2001年11月11日
参加者 山野(CL)、高松、川口
天候  晴
コース・タイム
武蔵五日市(タクシー)8:55-9:25小坂志川林道途中9:30-9:45林道終点-9:50ウルシヶ谷沢出合10:25-10:45二俣-11:00右俣出合11:15-13:15沢の上部(昼食)13:50-14:20尾根道15:00市道山15:10-16:10登山口-16:10笹平バス停

 林道に降り立つと、落葉樹の淡色の柔らかい色彩が眼に入る。写真を撮ろうとシャッターを切ろうと試みるが、作動しない。修理4ヶ月目でまたもや壊れてしまった。道端には大きな天幕が張られている。もしかしたら、今日私たちが遡るウルシヶ谷沢へ入渓しているのかも知れない。少し歩くと右岸にはウルシヶ谷沢らしき沢が合流する。念のため、林道の終点まで行く。250mほど戻って、最初に右岸から注ぐ沢がウルシヶ谷沢である。ゴーロの中を20分ほど歩くと二俣となり、小ゴルジュの小滝やナメ滝を楽しんでいると、じきに二俣となる。右俣の最初の15m滝は高度感があるもののホールドはしっかりとしている。上部でシャワーを浴び快適に滝上に立つ。次の4m滝は水勢が強く、突っ込もうとするが、身は寒さで震える。真夏でないと突破は無理のようだ。3つほど滝が続くがあきらめて左のガレ場を高捲いていく。滑り易いので、ここもアンザイレンしていく。適当な支点がなく、20mほど登って、木にビレーする。40mロープを持ってきたが、最後に登った高松さんは5mほどロープが足りなかったようだ。ここからは二段8mの滝や小滝が続くものの快適に遡っていく。途中、川口さんが3mほど滑落し、滝壺で水浴びをしたものの怪我もなく、ホッとする。昨晩彼女から電話がかかってきて「自転車から落ちて、したたか腰を打ってしまった。明日は登れるかしら」という内容であった。本人は登りたいが、心配のようだった。実を言えば、今日は滝子山・滝子沢へ入渓の予定であった。しかし川口さんの腰の具合を考え、アプローチの短いウルシヶ谷沢に急遽変更したのであった。「腰は大丈夫?」と聞くと、大丈夫だという。途中、8人ほどの男女混成のパーティが上から降りてきた。うら若き女性からご年輩まで、幅広い年齢層のパーティであり、ほほえましさを感じる。例の林道に天幕を張っていた人たちであり、右俣を遡行する予定であったが、最初の滝を見て、左俣の遡行に変更したとのことであった。右俣の最初の滝の様子を聞かれたりする。
 上流の陽だまりで、遅い昼食をとる。味噌汁がとても美味しい。上を見上げれば空は青々とし、ブナ、ミズナラ、ハウチワカエデなどの樹々が天高く聳えている。葉は緑、黄、赤褐色とどれもが淡く彩られ、陽に輝いている。ヒガラが群をなして飛び交い、囀る。エナガやシジュウカラも少し混じっているようだ。幾度となく、巡り会う奥多摩のやわらかな秋の調べではあるが、いつも憩らぎで心は満たされる。小川のせせらぎのように・・・・・・やがて水は涸れ、ミズナラやカエデの降り積もったジュウタンの上を詰めていく。急ではあるが、藪漕ぎもなく、30分ほどでウルシヶ谷の頭直下の尾根道にでる。秋色のただよう静かなる空間。落葉樹の大木に囲まれて幸せなひととき。子供の頃多摩川に育った私は、この川の上流にひときわ郷愁を感じる。落葉がせせらぐ市道山への道は楽しい。道の左は落葉樹の明るい林。右は暗い杉林。登山道は明暗を分ける分水嶺だ。市道山は795mの小さな頂。真白き富士の嶺が見られるのではと期待していたが、木に囲まれて何も見えない。高度計は805mを指しており、いつも正確だなあと感心する。下りは笹平への道を選ぶ。ミズナラの黄葉の中に時々ハウチワカエデの紅葉が美しく展開する。時々アカマツや山桜の大木に出会い、空を見上げる。ヤマボウシやタカノツメの木にも巡り会う。川口さんは最近心臓の調子があまり良くなく、その上二人のお子さんがいるので家をあけにくい。そんなわけで、なかなか大きな渓には行けないが、入渓しやすい沢に時々お誘いしている。アプローチの短い沢ではあるが、東北の杉田川に続いて、こうして彼女と沢登りをできたことは私にとってもうれしいことであった。高松さんとの沢登りはこれで4回目。今年沢登りを始めたばかりだが、その落ち着いた動きはとてもビギナーとは思えない。
写真撮影: 高松
   


   
   右俣出合の15m滝    
   
   

  

市道山 795m