○2004/10/30      芸術文化鑑賞会・ジャズとクラシックの融合 
新座市の主催で芸術文化鑑賞会という名のコンサートがあった。サブタイトルは『ジャズとクラシックの融合』であった。鳥の歌、グリーン・スリーヴス、サテンドール、モサ等が約2時間にわたって演奏された。楽器編成はヴァイオリン(硲美穂子)、ピアノ(あびる竜太)、ベース(中山英二)。こういうコンサートはあまりないだけに結構楽しめた。とくに『鳥の歌』には感動した。市の主催ゆえに入場は無料。
○2004/10/27      高脂血症予防料理教室
新座市ではいろいろな料理教室があり、きょうは『高脂血症予防料理教室』である。予防料理なので、健康的で美味しいのが特徴である。いつもと違って、今日は女子栄養大学の学生も助手として参加しているので、はなやいだ雰囲気がただよう。いつものように高脂血症の勉強をしてから料理に入る。献立はさつま芋ご飯、キノコ入り鮭のホイル焼き、レンコンとワカメのキンピラ、柿ときゅうりと大根の酢の物、菊花豆腐汁である。どれもこれもグッドな味。さっそく家で明くる日に同じ物を料理。これまた好評であった。自分としては酢の物が気に入った。新座市ではクッキングパパも行われるが、私は・・・予防料理教室の方があっさりとして、つくり易く、好みに合っている。
○2004/10/23      リコーダー・コンサート”森”  
地元新座市のリコーダー・アンサンブル”森”のコンサートを聴きにゆく。毎年楽しみにしているアマチュアのアンサンブルである。アルト・テナーリコーダーとチェロ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)とチェンバロの合奏はいつ聴いても心が憩らぐ。私の好きなヘンデルのソナタ・ヘ長調とハ長調も演奏された。”森”のコンサートの時はいつもブナや雪を被ったオオシラビソの森を思い浮かべながら聴いている。今年のブナの森は先日登った志津倉山であった。フェッシュのト長調のソナタはソプラノ・リコーダーで演奏され、透る笛の音を聴いていたら、初夏に登った浅草岳のブナの梢で囀るコルリのうたごえが流れていった。終章はリュリの音楽悲劇『アルミード』の全員合奏で締めくくられた。夕刻大きな地震があった。震源地は新潟県・小千谷市であった。
○2004/10/11      モーツアルトの20番  
知人からチケットをいただいてモーツアルトのピアノ・コンチェルト20番を聴く。場所は六本木のサントリーホール。作品が完成された翌日にウイーンで初演された。無論モーツアルト自身のピアノによって行われた。ピアノ演奏は東京音大付属高校在学中の若き辻井伸行氏であった。彼は生まれてすぐに全盲とわかるが、音に対する感覚は非常に敏感であった。4歳からピアノを始めたそうである。20番はモーツアルトのピアノ・コンチェルトではめずらしく、短調のソナタである。陰鬱なオーケストラの序奏で始まるが、ピアノが奏でられるといつものモーツアルトの流れるような世界へと入ってゆく。そして緩徐楽章はロンド形式によるロマンス。今の季節だったら、コスモスの宴の世界か。なおオーケストラは東京交響楽団であった。ちなみに私が持っている20番のレコードはフリードリッヒ・グルダである。彼が奏でるモーツアルトのピアノ曲はとても好きだ。