○2004/11/26      何故かいままで気づかなかった 
昨日登山用具を買いに新大久保の石井スポーツ店へ行った。今まで何度も通っているはずなのに、街路樹として、カツラの木が植えられているのに気がつかなかった。はらはらと舞い落ちる黄葉を拾ったら、ハート形をしている。あれれ、カツラの木かなと思って樹肌を見たら、まさにカツラであった。山でブナなどと混交している大木を見かけて、うっとりとすることがあります。山では渓流沿いによく見かけます。

○2004/11/11      米軍にイラクの人々を殺す権利があるのだろうか 
米軍がイラク中部のファル−ジャに総攻撃をかけている。非戦闘員の女性や子供の犠牲者も増え続けている。アメリカは国連中心の復興支援と平和的解決の道に背を向け、軍事攻勢をかけています。今回は病院をも爆撃した模様です。アメリカが戦争の口実とした『イラクでの大量破壊兵器』も見つかっていない。アナン国連事務総長もアメリカの国際法秩序を破壊する単独行動主義を批判しています。テロと戦争の悪循環を増幅させているのはアメリカの戦争と占領支配にあると思います。テロはいけないが、無差別な空爆や住民虐殺はいいなんていう論理は私には理解できません。ブッシュは「イラクは自由と民主主義の国になった」などと繰り返しいっていますが、この言葉を信じるイラク国民はいるのでしょうか。イラク国民は激しさを増す米軍の攻撃と自爆テロの激化に毎日苦しみ続けています。香田さんの虐殺も悲しいニュースです。私はテロを憎みますが、アメリカの戦争も最大のテロだと思います。アメリカだけが『大量破壊兵器』を自由に使っていいなんていう論理は私には理解できません。暴力と混乱の連鎖を断ち切るには不法な戦争と占領支配をやめて、対話の道筋をつけなければ駄目だと思います。平和的解決の道をつける努力が必要だと思います。アメリカのいいなりになって自衛隊をイラクに送っていいのでしょうか。あまりにも人間の命を粗末にする姿勢に憤りを感じます。『命(ぬち)どう宝』なのです。
(追記)その後の報道では、無差別爆撃と銃撃による民間人の死者は2000人以上に達し、米軍は多くの遺体をユーフラテス川に遺棄しているという。約120のモスク(イスラム教礼拝所)のほとんどは破壊され、避難していた多数の住民が殺害された模様です。
○2004/11/10      三人の音楽
『三人の音楽』というタイトルでイタリアとフランスのバロック音楽のコンサートがありました。ヴァイオリン(シュテファン・ジーベン)とリコーダー(柴田雄康)とチェンバロ(上園未佳)のトリオでした。バロックやルネサンスのトリオソナタではヴァイオリンの代わりにヴィオラ・ダ・ガンバでの演奏を聴くことが多かったので、今回は新鮮な気持ちで聴くことができました。リコーダーはソプラノ&アルト&テナーで演奏され、快い温もりを感じました。いつもとひと味違ったク−プランの調べでした。