○2004/12/11      新座市民・クリスマスコンサート 
午前中は柳瀬川に野鳥観察にゆく。プロミナーにデジカメをつけて、カモやイカルチドリの写真を撮った。午後は立教大学武蔵野・新座キャンパス内の礼拝堂で行われたクリスマス・コンサート「スーパー・バロック in 立教」を聴きにゆく。このコンサートは新座市生涯学習課と立教大学チャプレン室の共催であり、参加費は無料。そういえば私の参加するコンサートは無料のが多い。とはいっても有料と変わらない演奏を楽しむことができた。私の好きなヘンデルのハ長調のソナタやバッハやテレマンの曲が演奏された。演奏者は岩村隆二(フルート)、丸山康雄(チェロ)、新谷久子(チェンバロ)。演奏者を円で囲うようにして聴いた。礼拝堂内は暗くし、大きなロウソクが点された。教会でのクリスマス・コンサートらしく、曲の合間に聖書の朗読とチャプレンのお話がありました。半日クリスチャンになったような気分です。二週続けて教会でのバロック音楽を楽しむことができました。

 

    立教大学武蔵野・新座キャンパス内の礼拝堂      コンサートを終えて(キャンパス内のクリスマス・ツリー)


  

                     イカルチドリ (埼玉県・柳瀬川)

○2004/12/10      映画「草の乱」 
1884年の晩秋に秩父事件は起きた。あれから120年たった2004年に、多くの資金カンパとエキストラの出演によって映画「草の乱」は完成した。監督は神山征二郎氏。生糸の値段は下がる一方で、働いても働いても税金を払えず、高利貸しに苦しめられ、生活する術を失った養蚕製糸の農民たち。「貧乏人は死ねばよい」とした時の明治新政府に対峙した秩父、群馬、南佐久1万余の農民たち。俺たちは単なる暴徒ではないのだ。生きるための自由と権利を求めて起ちあがったのだという声が120年たった今ふたたび聞こえてくる。志士を支えた井上伝蔵の妻・古まの健気な姿。私の好きな秩父の山々も、この山塊で起こった秩父事件を抜きにしては語ることはできない。いちばん働き者の農民がいつの時代も、いちばん苦しめられているような気がしてならない。
(追記)
秩父事件に関しては、1974年12月に登った男山・天狗山・御座山の記録のところで、若干触れてあります。

                  「草の乱」のパンフレットから

○2004/12/04      栗原リコーダーアンサンブルのミニ・コンサート 
我が家の周りのナラ林はようやく紅葉の見頃となりました。このアンサンブルは地元新座市のアマチュアのアンサンブルです。私の好きなP. パレストリーナ(1525-1594、イタリア・ルネッサンス)の曲も2曲演奏され、4本のリコーダーが流れるように奏でられました。”鹿が谷川の水を慕うように”はアルト、テナー、バス2本で演奏され、曲名にぴったりの演奏であった。この曲はアンコールの時にソプラノとアルトのコーラスで歌われ、これがまた最高によかった。リコーダーとヴィオラダ・ガンバとチェンバロの楽器編成は私のいちばん好きな合奏ですが、3曲も聴けて幸せな土曜の午後を過ごすことができました。今年はM. シャルパンティエ (1645-1704)の没後300年にあたり、そのため演奏される機会が多いようです。実はこのアンサンブルに入会しようかなと思っていたのですけれども、私のような下手なものが加わるとせっかくの調和が崩れてしまうような気がして、入会は見合わせることにしました。なお演奏会場は東京・練馬の大泉教会であった。リコーダー・コンサートはやっぱり教会がいちばんいいですね。