○2005/01/29      神山征二郎監督の講演を聴く 
映画「草の乱」の監督である神山征二郎氏が地元の公民館にやってきて、熱い思いを語ってくれました。映画「郡上一揆」で私財をなげうったという神山氏ですが、生涯の仕事として「秩父事件」を撮りたいという熱意が多くの人達を動かしました。その夢が4憶3千万円の出資金と、緒方直人の主演、8千人のエキストラの協力などで実現し、いま各地で自主上映が行われています。秩父事件が起こった秩父市では2万3千人が鑑賞し、市長が「草の乱をみよう会」の実行委員長だそうです。「暴動が誇りある歴史に」と取り組んでいるそうです。神山氏は撮影の裏話、魅せる映画づくりのポイント、骨法十箇条の一部をとてもおもしろく語ってくれました。その他、日清・日露戦争、沖縄戦、朝鮮戦争などについても語ってくれました。氏はユーモアがあり、ざっくばらんに向き合える人です。私はすっかり気に入ってしまいました。講演という堅苦しさはなく、お茶でも飲みながら、気さくに話している感じでした。まだ「草の乱」を見ていない方は是非ご覧になってください。とても人間愛にあふれた映画だと思います。
○2005/01/03      New Year Concert in MUSE 
所沢ミューズでのニューイヤーコンサートに行きました。曲目は新春にふさわしく、ヨハン・シュトラウスのワルツ「春の声」、ショパンのピアノ協奏曲第1番、ドボルジャークの新世界交響曲でした。ショパンのピアノ演奏は中村紘子氏で、素晴らしい演奏にほれぼれとしました。所沢ミューズのアークホールは素晴らしいコンサートホールでした。文化に力を入れている所沢市に感心しました。