○2005/08/07      映画「父と暮らせば」とテレビ映画「二十四の瞳」
 家の近くの公民館で映画「父と暮らせば」が上映され、観てきました。昨日8月6日は広島被爆60年の日でした。広島市主催の記念式典をテレビを通して見ました。小泉首相はそこでの来賓挨拶で平和憲法を順守すると言っていましたが、自民党の新憲法起草委員会は8月1日に「新憲法第一次案」を発表しました。それによると戦争放棄削除、戦力不保持の削除、交戦権の否認の削除、自衛軍の項目の新設等平和憲法を根本的に変える内容でした。また首相は四年間も被爆者との面会を拒否し、要望を聞こうとしませんでした。それに比べ男女小学生二人のメッセージは輝いていました。
 
 盛夏の広島。1945年8月6日午前8時15分。突如頭上に炸裂した一発の閃光が人々の運命を襲った。広島を「ヒロシマ」に変え、父と娘の未来を変えた。愛する者を原爆によって奪われ、「生き残った自分だけが幸せになってはいけない」とかたくなに心を閉ざし、恋心を押し殺す娘・美津江。その目の前に突然現れ「恋の応援団長」を買ってでたのは父・竹造の幽霊だった(映画のパンフレットから)。井上ひさし原作の戯曲の映画化である。「恋する人がいても好きになってはいけない」という被爆者の切ない心、被爆二世の問題。60年経ったいまもヒロシマは終わっていない。自然と涙腺がうるむ映画でした。監督:黒木和雄。主演:宮沢りえ。

 いま核弾頭は世界で約2万発とも、3万発ともいわれています。核弾頭の主な国は米、ロ、英、仏、中の5つの国で、そのほとんどは米ロが保有しています。1、2発持っているかもしれない北朝鮮が大きな社会問題になっているのに、万単位で保有している米国が問題にならないのは世にも不思議な話です。米国は世界で次々と戦争を起こし、いまイラク戦争を起こし、戦争で核兵器を使った唯一の国です。被爆国日本の首相もブッシュ政権の核先制使用政策を擁護するのはやめてほしい。「戦争をできる国」にするために憲法9条を変えるのではなく、「戦争のできない国」を私たちは望んでいます。

 おりしも8月2日、テレビ4チャンネルで、終戦60年記念番組ということで壺井栄原作の「二十四の瞳」が放映された。大石先生を演じたのは黒木瞳でした。高峰秀子主演、木下恵介監督の映画を小学生の時に観ましたが、あらためてこの映画をみて悲しさに涙がとまりませんでした。小豆島の素晴らしい自然の中で育つキラキラとした子供たちの瞳が戦争へと向かう世相の中で、くもってゆきます。貧しさゆえに女子は奉公に、やがて男子は兵隊にとられてゆく。大石先生も夫の戦死、娘の死と時代の波に翻弄されてゆきます。野菜を包丁で切りながら、娘の死に慟哭する場面は衝撃的でした。「浜辺の歌」の叙情が何度も流れていきました。小学生の時にみた「二十四の瞳」の中で唄われた「七つの子」「故郷」「冬の星座」「朧月夜」「浜辺の歌」などの唱歌が聞こえてくるような気がしました。