○2005/10/02      アニメ「あした天気にな〜れ」 
1945年3月10日未明。ものすごい数の米軍のB29爆撃機が東京を襲い、下町一帯は火の海となりました。あの日から60年の歳月が流れました。当時小学校の5年生のかよ子の家族6人が死に、すぐ上の兄とは離ればなれの戦争孤児となりました。幼いながらも曲がらずに一生懸命に生きようとする姿(香葉子談)がつづられていきます。
こういう映画を見ているとついつい涙腺がうるんできてしまいますね。
以前に見たアニメ「火たるの墓」を思い出したりしました。

原作 : 海老名 香葉子「半分のさつまいも」
主人公かよ子の声 : 上戸 彩
語り : 吉永 小百合


○2005/10/01      ホームページの功罪 
写真を撮ったりしていると、それに夢中になって自然観察がおろそかになると思っている時期がありました。そういう時期は結構長かったような気もします。
しかし、最近その考えは変わりました。
以前は花をみても写真には撮らないことが多かったのですが(沢登りではそんな余裕もない時が多い(^o^))、最近はよく写真に撮って、後でよく調べるようになりました。ホームページに間違った名前を載せられないという理由もあります。

(もし間違いがあるときは遠慮なく指摘してください)
ホームページには花の名前を載せないで、写真だけという方も多いですが、私はできるだけ名前を載せるように心がけています。

それは後に行かれる方の参考にしたいという点ときちんと花の名前を覚えたいという点からです。花の名前は一緒にゆく仲間が教えてくれることも多いです。
調べても分からなかったり、自信のない花の名前は植物に詳しい友人にも教わったりしています。

(おかげでホームページの山の花・野の花のコーナーの花の種類もだんだん増えてきました(^o^))
ただ貴重種はホームページには載せられませんね。たとえ載せても場所を特定できないようにとか。
それは盗掘や荒らされるのが怖いからです。
最近はインターネットの発達が自然荒らしに一役はたらいているようです。

シュンランとかフクジュソウは盗掘の代表的な花で、東京近辺の野山ではなかなか見ることができません。咲いたら、すぐに盗掘されてしまいます。

最近はデジスコ(フィールドスコープ+デジカメ)に興味を持ち、
野鳥の写真をホームページに載せるようになりました。しかし、最近撮った野鳥の写真は場所を特定できないようにして紹介するよう心がけています。
場所を特定すると人で混み合い、来年から鳥も遠慮して来なくなってしまうことも多いからです。
インターネットの普及する世の中ではこういう点はみんなで協力しないと駄目ですね。

以前に新潟県のある山に登りました。ホームページに載せたところ、地元の方から、詳しい記録は書かないで欲しいという連絡を受けました。それで写真と簡単なコースだけに書き改め、了解を得ました。いつまでも静かな山として残しておきたいという地元の方の意見はよく理解できました。