○2006/10/21      涙のパバーヌ 
 肺炎が治りそうで治らない。でも身体は大分快復してきた。療養にはルネッサンス・リュートがいい。久々にコンラート・ラゴスニックのリュートをレコードで聴く。CDでないところがいいでしょ。涙のパバーヌ/イングランド編(ARCHIV)。大分昔に買い求めたお気に入りのレコード。甘くとろけるような旋律。おなじみの「デンマーク王のガリヤード」、「古き涙のパヴァーヌ」につづいて、甘くせつない「メランコリー・ガリヤード」の旋律。ああ、快いけだるさ「つねに悲しむダウランド」が流れる。
 そう、リュート曲が流れ、音楽的といえば、先の朝日連峰・鳥原湿原の秋模様(添付の写真)だった。黄金色に輝き、秋の愁いをたたえていた。一期一会の秋のさざなみ。秋の風。秋の空。秋雲よどこへゆく。


○2006/10/21      止まらない麻生外相の「日本も核武装の議論を」発言 
 10月21日というと、10・21国際反戦デーを思い出す。1966年10月21日、当時の総評が総評54単産ベトナム反戦統一ストを行った。70安保闘争当時、10月21日にベトナム反戦統一行動が行われ、参加したのは懐かしい。いま北朝鮮の地下核実験を期に、麻生外相らが核保有議論の必要性を強調してきた。「核保有の議論はいいことか」との質問に「言論を封殺することにくみしない」(衆院テロ・イラク特別委員会)と答えた。麻生外相は昨年末の訪米時にチェイニー副大統領らに「北朝鮮がこのまま核開発を進めていくなら、日本でも核武装しなければならない」と発言(週間文春3月9日号)。被爆国日本は核武装の議論ではなく、核兵器廃絶の議論がいま重要なのに。私は日本はもちろんのこと、いかなる国が核兵器を持つことに反対だ。アメリカや中国が北朝鮮の核実験に反対することはいいことだ。しかしアメリカも中国も、いや核保有国がすべての核兵器を放棄してこそ、ほんとうの意味をもつ。「北朝鮮が核を持つのは反対だが、われわれはどんどん今後も核開発しますよ」では説得力に欠ける。
 最近、教育基本法の改定、憲法九条の改定、自衛軍の開設、学校での君が代・日の丸掲揚の強制、小泉前首相の靖国神社参拝と戦前・戦中にタイムスリップしたような動きが目立つ。今回の麻生発言もこのような危険な動きの一環に思えてならない。日本で300万以上、アジアで2000万の犠牲者を出したあの戦争を深く反省することなしに、明るい未来はひらけないと思う。反省は自虐史観ではない。明るい未来をアジアの人々といっしょに築くための、歴史認識だと思う。
 西武球場に野球を見に行くと試合に先立って必ず起立して君が代斉唱が行われる。天皇のため、靖国で会おうと言って、戦争にかりたてた君が代を私は唱う気になれない。また「君が代」とは「天皇の世」を意味する。戦後の国民主権、民主主義の世の中には合わないと思う。せっかく、たのしく野球を観戦にきたのに、初っぱなから暗い気持ちにさせないで欲しい。唱うなら西武ライオンズの応援歌を元気に明るく唱えばいい。阪神タイガースの「六甲おろし」のように。学校の先生はかわいそうだ。君が代を斉唱しないと処分される。そこまで強制する「愛国心」とはいったい何なのだろうか。「愛」は強制からは生まれない。愛はお互いを思いやる気持ちから生まれるのであって、強制や処分からは生まれないと思う。愛国心を声高らかに叫んだ人たちが国を滅ぼしていった。現状に流されていくと、誤った歴史はふたたび繰り返される。