あとがき・1999年


回想の山という言葉をよく耳にするけれども、1900年代最後の1999年はこの言葉がピッタリの一年だった。沢登りは9回行い、こんなに入渓したのは30年振りであった。そして笛吹川東沢・鶏冠谷と谷川岳・ヒツゴー沢に入渓したのが30年振り、丹沢・早戸川の沢と妙義・中木川の沢に入渓したのが20年振りであった。鶏冠谷では久々に昔の沢仲間が集って、原生林の森の中へと遡っていくことができた。このように区切りのよい年月を経て、渓や森を回想できたことは至福と言わざるを得ない。朝の連続ドラマ"すずらん"で、すずらんの花ことばreturn of happiness「幸せは再びめぐってくる」が度々登場したが、私にとって1999年はまさにこの言葉がピッタリの一年のような気がした。歩きつづけることによって、return of happinessが得られたような気がする。もう一つ"すずらん"に度々登場した「いつの時代も子供たちの未来は輝いていなくてはならない」の言葉も忘れられない。私達は自然によって生かされている。子供たちの未来が輝いていくためには、繰り返される自然破壊をくいとめていかなければならない。三年前の冬には我が家の庭に沢山のヤマガラが毎日やってきた。しかし、ここ二年やって来なくなり何となくさびしかった。ところが今冬ふたたびその可愛らしい姿をあらわすようになった。return of happinessに心は躍った。