はじめに・1999年


 「最近リコーダー吹いているの?」とOさんが聞く。秋の南会津・三岩岳から窓明山のJさんの記録を読んだからだろうか。「童謡や山の歌ぐらいはね」と応える。すると「バッハのソナタを最近吹いているが、とてもいいよ。それにヘンデルのソナタがいいよ」と言う。確かにOさんが吹くバッハはとてもいい。私も昔はバッハやヘンデルのリコーダー曲を練習したことがある。でも下手なのでいやになってしまった。でも八ヶ岳・富士見高原のペンションで、チェンバロの先生(とても素敵な女性だった)の通奏低音に合わせてヘンデルのソナタを吹いた時はとても気分が良かった。もうそんな夢のような事は二度とないであろう。想い出として大事にしまっておきたい。Oさんは器用に色々なものをつくる。ビオラ・ダ・ガンバ(チェロの前身)も自分で造っちゃう腕を持っている。奥さんは絵がうまく、昔はチェンバロをひいていた。娘さんの名前が「響」で、今年の二月に亡くなったハスキー犬の名前がチェルト君(コンチェルトを連想)だった。このように、彼は沢登りとともに音楽を愛している。私はバッハのフランス組曲(グスタフ・レオンハルトのチェンバロ)が好きで時々聴く。さらさらと流れる音楽を聴いていると、最近は宝川・ナルミズ沢や今年遡った虎毛山・虎毛沢や湯檜曽川本谷それに笛吹川・鶏冠谷のナメ滝を連想したりする。滔々とある時はさらさらと流れるナメ滝は心に安らぎを与えてくれる。渓を遡っていて、一番楽しい時なのかも知れない。でも虎毛沢や湯檜曽川本谷における経験から、きびしいゴルジュや滝を越えた後のナメ滝にこそ本当の安らぎがあった。笛吹川の鶏冠谷を遡り、深閑とした森の中に溶け込んでいく。苔に被われた森は弥生の土笛の音が聞こえるような気がした。Uさんとは9年振りの登山であった。彼も音楽が好きで、小諸の合唱団に入っている。そして陶芸の趣味を持っている。久々の再会には笛吹の渓と森が似合っているように思えた。今年は南会津・三岩岳にはブナの森に魅せられて、新緑の頃に二回、紅葉の時に一回、合わせて三回も通った。三岩岳から窓明山に縦走した時、下り道のブナの森にひろがる紅葉は音楽的な美しさであった。遠い昔から綴られてきたソネットが森の中をゆっくりと流れていった。