はじめに・2000年


 3月に兄と久々に山へ入った。船形山・三光ノ宮付近のブナの森は夢のような美しさであった。入山前の予報通り、天候はだんだんと悪くなっていく。雪は降りしきり、50〜60cm位の新雪が積もった。トレールのまったくない真綿の中を、私たちの足跡だけが刻まれていく。その足跡も風雪のため、じきに消えそうになる。森は新雪にふるえ、森の動物たちもひっそりと巣穴にこもっている。「天気が悪くて良かった。吹雪の森で良かった」久々にそんな気持ちになれたのは雪で着飾った森に詩(うた)があり、音楽があるからだった。
 5月、一緒に行く予定をしていた兄が北アルプスへと向かい、私はひとりで北国の山旅にでかけた。3日間、人だけではなく、小動物にも出会わない。深い霧がブナの森にたちこめ、否応なしに孤独の世界へとわが身を引き込む。霧中にひびくゴジュウカラやヒガラの囀りが友達のようなものだった。霧が晴れ、陽のそそぐ空間に飛び出し、真昼山地の白い峰が連綿とつづく。ふたたびブナの森に溶け込む。アカゲラのドラミングが谺する。心地良いまどろみから醒め、ふたたび道探しが始まった。
 7月、和賀岳・堀内沢・八滝沢はゴルジュもあるが、ブナ、サワグルミ、ハウチワカエデなどの茂る中をおおらかに流れる明るい渓だった。無垢とした大自然の中に身を委ね、五彩に輝く草原に飛び出す。静かな静かな北の別天地にたたずみ、心は憩(やす)らぐ。
 8月に、私にとって6度目の奥只見・中ノ岐川・平ヶ岳沢が企画された。昨年に続き、今年も台風のため、中止になった。平ヶ岳沢はなんとも不思議な沢である。途中敗退3回、台風3回。渓の上流に桃源郷があるといわれ、最初の計画から14年もの月日が流れ、私にとって幻の沢となりつつある。いっそのこと夢だけを抱き続けていた方がロマンがあっていいのかも知れない。
 10月、大洞川・和名倉沢に入渓する。いくつもの瀑布を越えると、コメツガの林立する源流に逢着する。地肌は緑の苔で蔽われ、森閑とした森に太古の香りが漂う。記憶の糸を手繰り出せば、30年以上も前へとさかのぼっていく。同じ奥秩父の笛吹川・東沢・信州沢の源流の想い出が蘇ってくる。歩くと地は沈み、歩くのが憚れるような気持ちになってきた。
 「山と語るにはひとり旅がいい」白い妖精のいるブナの森を夢見て、12月末に南会津・窓明山の山行を計画した。ところが12月に入ったら頭痛が長く続くようになり、山行は中止した。CTスキャンをとったりもしたが、原因は持病の頸椎の異常からくるものであった。医者からは重い物を持たないようになんて言われてしまった。

雪とブナと源流を求めて、終わりのない山旅はどこまでも続く・・・・・・