はじめに・2001年


 ふたたび春の白神山地にやってきた。北国の春は短い期間にいっせいにやってくる。路傍にはシラネアオイ、エンレイソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、ナニワズ、ヤマエンゴサクなどの花が咲き、アオジ、センダイムシクイ、ヒガラ、ヤマガラ等の囀りがブナ林を流れていく。春を告げる愉しげな歌声・・萌黄色のフキノトウもあちこちに生え出ている。赤褐色にふくらんだブナの芽。3年前に訪れた時はまったく雪のなかった山頂も今春は2mほどの雪が積もっていた。前回密藪で行くことのできなかった向白神岳の頂きに立つ。ここは北の別天地、白神山地の重畳たる峰々が大きく拡がっていた。赤石川の源流を隔てて悠然と聳え立つ摩須賀岳が眩い。
 7月、奥秩父の入川本流を経て、大荒川谷に入る。Oさんの岩魚釣りに合わせた至極のんびりとした、私好みの遡行であった。源流のナメ滝は緑の苔で被われ、深閑としていた。やがて地肌は苔で被われるようになり、古寺の日本庭園を思わせるような樹林帯となった。北国のブナとは趣を異にしたシラビソやツガの森・・短調の旋律が森中を流れてゆく。帰りはナメラ沢を下降した。一般的には2日行程の沢を3日かけて、渓の流れに融合し、森と交歓した。渓や森は駆け抜けるところではない。奥秩父のこの森をずーっと残しておきたいと思った。
 8月、昨年に引き続き和賀山塊の堀内沢に入渓した。ブナやサワグルミに包まれた清流・マンダノ沢を遡って、訪れる人も希な羽後朝日岳の高みに立った。1時間半もの笹藪を抜け出ると、五彩に輝く草原が広がっていた。たくさんの高山植物が咲き乱れ、まるで天国の花園のようだった。もう夏花の季節は終わりつつあると思っていただけに、この思いがけない出会いに感謝した。北国の目立たぬ高みに可憐に咲く花にいとおしさを感じた。時がたってもマンダノ沢の澄んだ水のきらめきが脳裏から消えることはない。否、想い出すたびに心が豊かになってくる、そんな渓であった。
 秋は東京近郊の沢を4つほど遡行した。奥多摩・逆川、西丹沢・マスキ嵐沢、奥多摩・ウルシヶ谷沢そして滝子沢であった。いずれも小気味よい秋の沢を楽しんだ。10月下旬に行った田代山は大勢の登山者がつめかけ、とても賑やかだった。しかし、100人位いた登山者のうち、下りに木賊温泉コースを選んだのは我々だけだった。秋色に染まる山道はいつもの南会津らしい静けさに包まれていた。
 冬場は恒例となった八ヶ岳のバリエーションを楽しんだ。12月には吹雪の阿弥陀岳北稜を登攀した。例年になく雪が多く、新雪の中をラッセルした。適度な緊張感の中で雪稜を登高することができた。