はじめに・2002年


 昨年末の阿弥陀岳北稜につづき、3月に雪の八ヶ岳のバリエーションを楽しんだ。横岳石尊稜は雪稜と岩のミックスした尾根で、快い緊張感の中で登高することができた。
 ふたたび春が巡ってきた。秋田のブナの山しか頭に浮かんでこなかった。O君と二人で出かけた5月連休の山旅は温泉と山菜がすばらしかった。太平山と森吉山のブナの新緑が私を魅了し、6月に再び森吉山へと足を運んだ。歴史を遡れば、菅江真澄がこの頂に立ってから、ぴったり200年という悠久の時を刻んでぼくもこの高みに立つことができた。そぼ降る雨中のノロ川のブナ林も捨てがたい味があった。樹々の瑞々しい感触が豊かな幻想をはぐくんでくれた。このような実生(みしょう)の森を逍遙していると心は憩らぐ。水の滴るブナの樹肌に触れるととても冷たい。明くる日訪れた山人平にはイワカガミ、チングルマ、ヒナザクラなどの花が見渡す限り咲き乱れていた。6月の森吉山は高山植物の楽園であり、モロビの梢ではたくさんのビンズイが流暢に囀っていた。霧に包まれて、眺望のまったくきかない山頂から阿仁マタギ・中村コースへと下山する。ブナ、ハウチワカエデ、ナナカマドがびっしりと混交し、秋の紅葉の頃を連想するとうっとりとした気持ちになった。この頃わたくしは密かな夢を抱いていた。
<春と夏に続き、秋と冬に再びこの森吉山にやって来よう>と。
そして下山後ただちに、10月に5人の仲間で紅葉のノロ川・桃洞沢・赤水沢へ行くことに決まった。準備は着々と進み、日に日に夢は大きく膨らんでいった。しかし、9月に予想だにしない出来事があって、その夢はかなわなかった。
 夏に遡行した3つの沢(笛吹川東沢・釜ノ沢西俣、栗駒山・産女川、尾瀬・中ノ岐川小淵沢)はいずれもナメ滝の美しい沢であった。
 9月、私にとって7度目の奥只見・中ノ岐川・平ヶ岳沢が企画された。平ヶ岳沢はなんとも不思議な沢である。途中敗退3回、台風による中止3回。渓の上流に桃源郷があるといわれ、最初の計画から15年もの月日が流れ、私にとって幻の沢となりつつあった。三人で遡行し、長年の夢がやっとかなえられた。しかし、その代償はあまりにも大きなものであった。下りに選んだ池ノ沢で、草付きの高捲き中に足を踏み外し、身体を岩に強打しながら15mほど転落し、滝壺に落ちた。肋骨を10本も折る重傷を負ったが、幸いにも生還することができた。
 「命(ぬち)どう宝」。いのちを与えてくれた皆さんに感謝して、新たな一歩を踏み出したい。