はじめに・2003年
 最近の山行は沢の遡行と雪山が多かったが、2003年は久し振りに沢登りゼロの年であった。昨年の9月に平ヶ岳・池ノ沢で大怪我をし、復帰後最初の登山は4月の黒川鶏冠山であった。まだ芽吹いてはいなかったが、ブナ、ミズナラ、コナラ等の落葉樹も多く、緩やかな登りのリハビリには格好の山であった。5月には御坂黒岳を登った。開花している植物は少なかったが、瑞々しい新緑が山をおおっていた。キビタキ、センダイムシクイ、ミソサザイ、ヒガラ、コマドリなどの美しい調べを聞きながら、のんびりと登高した。フジザクラが見事で、東京近郊でブナの大木が見られる数少ない山のような気がした。真夏には毎週のように筑波山に通っているYさん達と筑波山に登った。あまりにも観光地化した山ではあるが、藪道を登ったので、静かな山行を楽しめた。男体の衣の岩場に張りつくように咲いていたイワタバコが印象的であった。
 秋は南会津・浅草岳・沼ノ平と大博多山のブナ林の中に身をおいた。沼ノ平はブナの大木が多く、色づいたブナ林にたたずむ沼は神秘的であった。秋の空気がとてもおいしい。命あって、ふたたび南会津の山に入れたことに、そして気心の知れた山仲間とともに、静かな空間を歩けたことに幸せを感じた。肉体的にも、精神的にも苦しんだ日々がブナ林の中で癒されていった。
 11月に行った北八ツ池めぐりはシラビソやオオシラビソの美しい霧氷の世界であった。そして12月、職場の山岳部の仲間と信州の守屋山と八ヶ岳・天狗岳西尾根を登高した。風もなく穏やかで暖かい冬日であり、大きな雪景色を楽しんだ。夜は山麓の唐沢鉱泉で忘年会を行った。今年は大怪我でほとんど山へは行けないと思っていたのに、8つも山に登ることができた。

                        霧氷の北八ヶ岳・七ツ池