はじめに・2004年
 南会津の山というと秋に入ることが多かったが、1月には冬の小野岳に入った。今年一番の寒波のため、会津地方には大雪が降った。生まれて初めてスノーシューをはき、新雪の中をラッセルした。急斜面では雪の中を泳ぐような感じであった。途中で引き返したが、スノーシューのいい訓練となった。

春から秋にかけてはブナを求めての山旅が多かった。5月の小野岳と博士山、6月の平石山〜浅草岳〜沼ノ平と守門岳、10月の志津倉山、11月の尼ヶ禿山から迦葉山であった。いずれも素晴らしいブナ林であった。緑薫るブナ林の中で囀るオオルリ、アオジ、ヤマガラ、キビタキ、クロジ、コルリ等の音楽を心ゆくまで楽しんだ。今まで残雪期に行くことが多かった浅草岳と守門岳には6月に登り、ヒメサユリの可憐な姿に接した。秋の志津倉山は紅葉にはちょっと早かったが、素晴らしいブナの巨木に魅せられた。

7月には11年振りに鳥海山に登った。登ったメンバーは東北メーリングリストというインターネットの仲間であり、地元の酒田や鶴岡の方々を含め、11名が参加した。外輪まではたくさんの登山者がいたが、百宅(ももやけ)口の登山道に入ると、登山者は我々だけの静かな世界となった。ハクサンシャジン、ミヤマリンドウ、イワギキョウ、ミヤマアキノキリンソウ等の花が溢れんばかりに咲いていた。まるで高山植物の宴のなかに迷い込んだような気持ちになった。

8月から9月にかけては多摩川支流の3つの沢(大菩薩・泉水谷・大黒茂谷、日原川・鷹ノ巣谷、一ノ瀬川・竜喰谷)を遡った。子供の頃に多摩川の下流で遊んだ私だが、源流の沢旅は感慨深いものがある。一昨年の秋に平ヶ岳の沢で大怪我をし、実に2年振りの沢登りであった。入渓するまでは、滝登りなどではびびるのではないかと心配していたが、以前と変わらず、平常心で登ることができ、ホッとした。大黒茂谷は苔で被われ、鬱蒼とした林の中を穏やかに縫っている。久し振りに冷たい水の清涼感に触れて、心は躍った。静けさを楽しみながら、ゆっくりと遡った。

 今年は山行だけでなく、自然観察会、植物観察会、探鳥会等へも多く参加した。特に地元の狭山丘陵には9回も出かけ、サンコウチョウとの出逢いが印象に残った。今年は時間的に余裕を持った山行が多かったので、山や野に咲く花をよく観察することができたような気がする。