はじめに・2005年
 半年間も続いた湿疹が完治し、4月の初めに守門山塊の黒姫に登った。久し振りの兄との山行であった。原生のブナ林に心は憩らぎ、コバルトブルーの空に輝く白きたおやかな峰々。その透明な世界に心は鎮まる。駒ノ神から守門岳にかけての稜線は神々しいほど真っ白な雪で覆われいた。

 5月初旬は残雪の守門岳に登った。その4日後に行った袈裟丸山は山全体がアカヤシオで赤桃色に染まっていた。頻繁に道を外れ、アカヤシオのトンネルの中に入ってゆく。わが身もその色彩に染まってしまいそうな感じすらした。帰路、袈裟丸山の山麓・渡良瀬川畔の富弘美術館に立ち寄った。口に筆をくわえて描かれた詩画に心はなごんだ。袈裟丸山のアカヤシオはわが心をあたたかく包み、富弘氏の水彩で描かれた野の花と文字はわが心をやさしく包んでくれた。

 6月初旬、今度はシロヤシオを求めて西丹沢の檜洞丸に入った。緑の落葉樹の中で朗々と唄うキビタキやコルリの歌声はハッとするような美しさだった。そして、びっくりするほど沢山のホトトギスが鳴いていた。頂上が間近になるとシロヤシオと紅紫のトウゴクミツバツツジの世界となった。まるで白と紅紫の回廊の中を歩いているようであった。中旬には玉原湿原と迦葉山へでかけた。玉原湿原でズミやハクサンタイゲキを見た後、迦葉山の稜線にある秘密のブナ林へ入った。広場には見渡す限りのブナが緑をたたえて林立していた。誰もいない別世界の中でしばしまどろんだ。

 三年前の滑落の後遺症だろうか。背筋痛と腰痛がつづく。しばらくは平地を歩くのがやっと。サンコウチョウを追い求めて、同じ山へ何度も通う。少し良くなったので、紅葉の山へ三回(森吉山・桃洞沢、前日光・禅頂行者みち、鷹ノ巣山)でかけた。10月の初旬に森吉山のノロ川・桃洞沢を遡行した。紅葉の中、一枚岩の上を流れる清流に魅了された。下降した赤水沢は源流から出合までナメが続いており、お見事というしかなかった。病気や台風で三度計画が流れたが、ようやく念願がかなって遡行することができた。森吉のブナと渓よ! また会う日まで、さようなら。

                秋色に染まる森吉山・ノロ川・桃洞沢

はじめに・2004年   はじめに・2003年  はじめに・2002年  はじめに・2001年
はじめに・2000年   はじめに・1999年  あとがき・1999年