はじめに・2006年
 2月の赤城山、駒ガ岳から黒檜山へ登った。眼前に聳える白銀の谷川連峰が素晴らしかった。岳樺の霧氷が澄んだ蒼空に映えて清々しい。こんなに素晴らしい蒼空を見たのは久し振りのことであった。霧氷とはまさに雪の花であった。
 2月の玉原高原・ブナ平、積雪は約3メートル。だだっ広いブナ林は四方八方同じような景色のため、ルートファインディングには多少苦労した。尾根も沢も緩やかなのでルートは自在にとれた。一日目は霧が深く、はじめての冬のブナ平を歩くには視界が悪すぎた。二日目は快晴、ブナに咲く雪の花が紺碧の空に映えて美しかった。
 昨年に続き、今年も4月に守門山塊の黒姫へ登った。大きな雪崩痕が二ヶ所あり、その内の一つは真新しく、まるで川を流れるような生々しい雪崩痕であった。
 4月の坪山は全山ヒカゲツツジが咲き、目を楽しませてくれた。
 5月、2年ぶりに守門山塊の太郎助山へ向かった。長岡市では32.3℃を記録したそうで、時折、雪崩の音が響いてくる。1107m足沢山の高みに立てば、越後の素晴らしい雪景色が拡がっていた。タムシバの白とミツバツツジの紅紫が雪山に花をそえていた。持病の背筋痛・腰痛が悪化したため、太郎助山の登りの途中で引き返した。
 7月は秋田駒ヶ岳と湯森山へ登った。初夏を彩る高山植物に魅せられた山旅であった。笹森山から乳頭温泉・国民休暇村へと向かうブナの原生林は素晴らしかった。しばしば座り込んではコルリ、キビタキ、オオルリ、ミソサザイ等の奏でる音楽に耳を傾けた。さっさと通り過ぎれば、45分位のブナの道も、2倍位の時間をかけてゆっくりと下っていった。
 10月は紅葉の大朝日岳へ行く。小朝日岳から大朝日小屋にかけては一番紅葉が見事であり、小朝日岳の南の壁はくれないに染まった屏風であった。しばらく行くと眼前に大朝日岳と西朝日岳のたおやかな峰が迫ってくる。錦繍の帯が山肌にまぶしい。白いダテカンバとの調和がとても素晴らしかった。そして大朝日小屋から眺めた残照も美しかった。ただ気管支炎を患いながら登山したため、悪化し肺炎となってしまった。大いに反省すべき山行であった。

                         玉原高原・ブナに咲く雪の花

はじめに・2005年   はじめに・2004年   はじめに・2003年  はじめに・2002年  
はじめに・2001年   はじめに・2000年   はじめに・1999年  あとがき・1999年