はじめに・2007年
 2月に日光の半月山に登った。新雪をラッセルしながらの登高は楽しかった。無風、快晴のもと碧い空に映えた日光連山が美しかった。
 5月は前日光の薬師岳・夕日岳、上州三峰山、丹沢の檜洞丸へ登った。夕日岳はアカヤシオのトンネルといわれていますが、昨年同様に今年もあまり咲いていなかった。上州三峰山はとても静かな山、熊さんには会ったけど、登山者にはほとんど会わなかった。瑞々しい樹々の中で沢山の野鳥が囀り、キビタキも二回ほど見ることができた。とにかくチゴユリが多く、山頂あたりまで咲いていた。檜洞丸、二年前に比べるとシロヤシオとトウゴクミツバツツジの咲き具合は悪かったものの白と紅紫の美しいコントラストを楽しむことができた。ブナ等の落葉樹の茂る中でコルリが透る囀りを度々響かせていた。
 8月、家族で高山植物の咲き乱れる八島ヶ原湿原から車山高原へとのんびりと歩いた。真夏の高原は暑かったが、色とりどりの高山植物が眼を楽しませてくれた。特にアサマフウロ、ノアザミ、マツムシソウ、アカバナシモツケが印象に残った。
 8月、南蔵王の屏風岳・不忘山へ登った。稜線は高山植物で百花繚乱という感じであった。トモエシオガマ、イブキジャコウソウ、ミネウスユキソウ、ヒメシャジン(ミヤマシャジン)、ハクサンフウロ、ハクサントリカブト、エゾイブキトラノオ、ウメバチソウ、ミヤマアキノキリンソウ、イワインチン等が咲き、高山のオアシスであった。紅紫のイブキジャコウソウはひときわ美しく咲いていた。
 10月は東北の山で素晴らしい紅葉を楽しんだ。安達太良山系・箕輪山には二度も足を運んだ。箕輪山の山肌をおおう紅葉ははっとするような美しさであり、何度も魅入ってしまった。美しい絵巻は鬼面山まで続いていた。帰路、野地温泉の湯に浸かった。くろがね小屋の温泉にも二度浸かったので、紅葉と温泉三昧の秋の山旅であった。月山は登山口から頂上まで17Kmもある長大な膝折温泉コースを登った。午後のやわらかな陽を受けて、念仏ヶ原の広大な湿原は黄金色に輝いていた。夢見るような美しさに心はやすらいだ。行ったり、戻ったり。眼を開けたり、閉じたり。そよ風が吹き、耳をすませば、私の好きなバッハやバードの音楽が聞こえてきた。明くる日は強風雨下約5時間の登高で月山の頂に着いた。

                         箕輪山の山肌を染める紅葉

はじめに・2006年   はじめに・2005年   はじめに・2004年  はじめに・2003年  はじめに・2002年  
はじめに・2001年   はじめに・2000年   はじめに・1999年  あとがき・1999年