はじめに・2008年
 2月に東北の方々4名と一緒に蔵王・刈田岳へ行った。新雪で綿帽子となったアオモリトドマツの中を登る。40cm位の新雪が積もり、ふかふかとして気持ちがいい。パートナーはスノーシュー、スキー、ワカンと三様の身繕いでした。雪のため樹氷群も姿をかき消されている。でも静かな雪の世界に心は満たされた。帰りは幾分視界もよくなり、樹氷群の一部を見渡せるようになり、歓声をあげる。
 3月は赤沢山、4月はタカマタギへ登った。赤沢山は雪に隠れた藪に足を突っ込むことが多かったが、タカマタギは雪が適度に締まったていて歩きやすかった。ともに谷川連峰のよき展望台であり、特にタカマタギは大きな展望を楽しむことができた。 
 6月は19年振りに巻機山へ登った。今までは沢コースを登ってきたが、今回はじめて尾根コースを登った。青空にタムシバやムラサキヤシオが映え、キビタキ、オオルリ、コルリの透る囀りがさわやかだった。山麓の民宿では山菜を腹いっぱい食べた。
 7月は岩手県の3つの山(岩手山、南八幡平・源太ヶ岳、早池峰山)へ登った。いずれの山も野鳥の囀りと高山植物を楽しむことができた。岩手山の焼走りコースは700m位、登山道の上下にコマクサが咲き乱れていた。源太ヶ岳のお花畑はアオノツガザクラ、チングルマ、ワタスゲ、カラマツソウ、イワイチョウ、イワカガミ、シナノキンバイ、エゾツツジ等が咲く楽園であった。特にアオノツガザクラとチングルマの群生には魅せられてしまった。早池峰山は雨の中の登高となったが、しとど濡れたハヤチネウスユキソウは美しかった。
 9月、奥多摩・小坂志川本流へ入渓した。穏やかな渓相の少し暗い感じがする沢であった。ミニゴルジュ、へつりを楽しんだ。もう最後の沢登りになるかもしれないとの思いを抱いて遡行した。そうすると過去の数々の遡行が思い出されてきたりした。
 10月は御坂山塊・王岳、安達太良山系・鬼面山・箕輪山、吾妻山系・一切経山、鳳凰三山・薬師岳を登った。鬼面山・箕輪山の錦繍、一切経山の岳樺の紅葉はすばらしかった。
 11月は奥多摩の蕎麦粒山、川苔山を登り、晩秋の奥多摩を楽しむことができた。

                         箕輪山のブナの紅葉

はじめに・2007年   はじめに・2006年   はじめに・2005年   はじめに・2004年  はじめに・2003年  
はじめに・2002年   はじめに・2001年   はじめに・2000年   はじめに・1999年  あとがき・1999年