狭山丘陵・日曜自然観察会

                                             2004年7月4日   

   曲は Afternoon Nap

さいたま緑の森博物館主催の定例の日曜自然観察会に山仲間のNさん、Eさんとともに参加した。5日前に比べると野鳥の囀りはめっきりと減った。今まで賑やかだったキビタキやホトトギスの囀りは聞こえず、雑木林ではエナガやコゲラの姿が目立った。サンコウチョウとの出逢いを期待したが、今日は願いが叶わなかった。これからの夏場は昆虫が主役の世界のようだ。
  

               クサギ                       ウワミズザクラ

   

             ナナフシ                         ネムノキ

  

        カクレオビ (X型の蜘蛛の巣)                 オカトラノオ

  

           オオシオカラトンボ                   コチャバネセセリ

  

          オトギリソウ                      ヤブコウジ

  

           アカメガシワ                     キボシカマキリ

  

             クスノキ                      ヤブガラシ&キイロスズメバチ

  

          スベリヒユ                         ヤブカンゾウ

        

                        ネムノキ                                        

おとしぶみ

緑の森博物館近くのコナラ林を歩いている時に、観察会・解説員の方が葉がくるくると円筒形に巻かれているものを拾い上げ、これはオトシブミというもんですと教えてくださいました。これは、オトシブミという甲虫の仲間が作ったものなのですって。オトシブミのメスは、葉を巻き、中に卵を産みます。そしてその巻いた葉を切り落とすそうです。オトシブミの巻いた葉は揺籃(ゆりかご)と呼ばれるそうです。卵や幼虫がくるまれているからだそうです。おとしぶみ(落文)、これは、直接言えないことを手紙に書いて、伝えたい人の近くの路上に落としておく文のことで、平安時代から鎌倉時代には行われていたようです。名前の由来を聞いてほほえましくなりました。昔の人は巻紙に手紙を書き、路上に落としたんですね。
参考文書:根来 尚

クスノキ

アニメ「となりのトトロ」での一場面」・・・大トトロ、中トトロ、チビトトロの3匹と、サツキ、メイで木の実を大きく生長させてから、こまに乗った大トトロにつかまって空中散歩。サツキ「私たち風になってるぅ〜」。それからみんなで、大クスノキのてっぺんでオカリナを吹いた。サツキとメイ「夢だけど」「夢じゃなかったぁ〜」。
参考文書:Ooka Minami

                     狭山丘陵・観察記録