狭山丘陵・日曜自然観察会

                                             2004年9月5日   

   曲は Afternoon Nap

緑の森博物館に着いたとたん、ヤマガラが鈴の音のように鳴く。今日は時々小雨の降る天気。おかげで涼しい散歩ができた。今年は花の咲く時期が例年よりも2週間も早いという。秋の訪れも早いような気がした。モリオカメコオロギ、エンマコオロギ、ササキリ(キリギリス)等の虫の音を聞きながら観察する。秋の実も目立つようになってきた。マムシに出会ってドッキリ。しかし、もう死んでいるマムシであった。助かったぁ〜
  
                  クサギ(葉はクサイけど、花の香りはいい)        
  

              ガマズミ                          ゴンズイ

  

            ヘクソカズラ                          ヌルデ

  

             ガガイモ                         キツネノマゴ

  

             ウメモドキ                     洋種ヤマゴボウ(毒)

               マムシ                      ジャコウアゲハ(♀)

  

                クリ                         センニンソウ

                       センニンソウ

   

              ニラ                          トトロの八幡神社

  

             ヤブミョウガ                        ヤブラン

樹雨
樹雨というのは 、雨が降った後に 木々の葉っぱから落ちた 雨のしずくのことだそうです。きょうの観察会はコナラ林の心地よい樹雨の中を歩きました。

ハイイロチョッキリ

オトシブミ科に属する甲虫でコナラなどの実(ドングリ)に口吻で穴をあけ、卵を生む。若いドングリをつけた枝があちこちに落ちているが、ハイイロチョッキリの仕業のようだ。

ヒメスズメバチ
4年前に、越後の荒沢岳でスズメバチの刺されて、痛い思いをしたことがあるが、このヒメスズメバチは尾端が黒く、攻撃性は弱いという。尾端が黄色のものは攻撃性が強いようである。

コナラの木の帯状のふくらみ
よく見かけますが、これはカミキリムシの産卵によってできたものだそうです。

オナガグモ
ナナフシを連想させる体長1〜2cmの蜘蛛。他の蜘蛛を食用にするという。

オオタカとカラス
カラスの集団がオオタカを追いかける姿を見ました。カラスの集団にはオオタカも怖いでしょうね。

その他の観察
ジャコウアゲハの幼虫。クサカゲロウの卵。キマワリ(ゴミムシダマシの仲間)。座頭虫。
            狭山丘陵・観察記録