横岳・石尊稜  


八ヶ岳・美濃戸口〜赤岳鉱泉〜石尊稜〜石尊峰〜地蔵尾根〜行者小屋〜美濃戸口

登山日 2002年3月16日〜17日
参加者 高橋(CL)、大内、山野
コース・タイム
○3月16日(薄曇のち晴)
美濃戸の少し手前(車デポ)11:41-12:05美濃戸12:10-14:15赤岳鉱泉14:40-石尊稜取り付き-16:30赤岳鉱泉(泊)
○3月17日(薄曇時々晴)
赤岳鉱泉7:00-7:4040-石尊稜取り付き-7:55下部岩壁-10:00上部岩壁-11:50石尊峰12:10-12:43地蔵尾根分岐-13:37行者小屋13:48-15:05美濃戸-15:35美濃戸の少し先(車デポ地)

 中央本線・小淵沢駅から大内さんの車に便乗させてもらう。異常気温が長く続き、東京ではソメイヨシノが咲き始めた。しばらく降雪がないらしく、山は残雪期のような長閑さが漂っている。今日は天気が良く、横岳の西壁が大きく迫っている。大同心ルンゼ50mのブルーアイスの柱がはっきりと望まれた。明日登る石尊稜をあーだこーだと言いながら眼で追い続ける。一月は雪の多かった八ヶ岳も最近の高温で、雪は急速に解け始め、赤岳鉱泉付近の積雪は1m位にまでに減少していた。小屋にザックを置き、石尊稜の取り付きまで偵察にでかける。私は出足が遅れ、取り付きの少し手前から引き返した。あちこちで雪上訓練が行われている。夕食後に"森象"というグループのコンサートが1時間半ほど行われた。ヴォーカルとギターとヴァイオリンとパーカッションというめずらしい組み合わせの合奏で、いくつものオリジナル曲やアイルランドの曲が演奏された。最後には三線を持った小屋のオーナーも参加し、沖縄音楽"19の春"などが演奏され、けっこう盛り上がった。

 今日はスカッとした空ではないが、薄曇のまずまずの天気。雪はしまっており、アイゼンがよく効く。赤岳鉱泉から少し進むと、柳沢北沢右俣に出合う。最初に左から出合う小同心ルンゼを見送り、しばらく歩むと三叉峰ルンゼと日ノ岳ルンゼに分れ、中間の尾根・石尊稜に取り付く。いきなり急峻な雪稜であり、身が引き締まる。下部岩壁は一部悪いところもあるが雪があまり付いていなかったので、思っていたよりはスムースに2ピッチで乗っ越すことができた。途中ボルトも打たれているが、ビレイピンは少なかった。下部岩壁を越すと400mほど急峻な雪稜が続く。ところどころナイフエッジとなっている。雪は堅く、コンティニュアスで登高する。落ちたら奈落の底なので、アイゼンを効かせて一歩一歩慎重に登っていく。途中二人の単独行者に出会う。一人はスイスイと我々を追い抜いていく。上部岩壁に着く頃には風も強まり、肌寒くなってくる。厳冬期はかなり厳しい寒さのリッジなのだろう。暖かい飲み物で身体を暖める。時々中山尾根のパーティのコールがこちらまで響いてくる。上部岩壁は高度感があるもののホールドはしっかりとしており、気持ちのよい登攀であった。このあたりは横岳西壁の中央部に位置するので、抜群の眺望だ。背後には阿弥陀岳が大きく迫り、胸が高鳴る。昨年末に登った阿弥陀の北稜が凛々しく天に向かっている。若い頃に登りたいなあと思ったことがあったが、しばらく忘れたような存在だった石尊稜。今パートナーに恵まれて、吸い込まれるような空間の中に立っている。最後の雪稜をコンティニュアスで抜けると石尊峰の高みについた。11時50分着。約4時間の登攀であった。稜線上は強風が吹き荒れ、吹き飛ばされないように歩く。地蔵尾根からは今日の登高ルートにじっと見入る。行者小屋に下山してきたら,身動きひとつしない登山者がスノーボートに横たわっている。一歩間違えれば我が身であり、身の引き締まる思いがした。昨晩のコンサートの時、赤岳鉱泉のオーナーが今冬は大きな事故もなくて良かったと挨拶していたが、最後にきて大きな事故が起こってしまった。

                 写真はこちら